市民ランナー・中島彩の「続・東京マラソンへの道」

 みなさん、こんにちは! 『走るフリーアナウンサー』の中島彩です。私は普段の練習から「とにかく速く走る」というスタンスが、実はあまり好きではありません。というのも、私はランニングの途中に道草したり、おしゃべりしながら走ることが大好きだからです。その結果、たった5キロの距離を1時間以上かけて走っていることも多く、みんなに「長い時間、いっぱい走っているね〜」とよく言われます。「いえいえ、実際はそんなに......」と遠慮がちに返答するのですが、そんなに長い距離を走っていないのは本当のことなんです(笑)。それくらい私にとって、普段のランニングは「楽」に走るスタンスなんですが、今回はちょっと趣旨を変えようと思いました。題して、今回のテーマは、「RUN×真剣ランニング」。どういう意味なのか、これからご説明しますね!

☆「きっちり」「真剣に」走ることの意味!?

 発端は、あるリレーマラソンでの出来事でした。その大会は1周2.7キロのコースを、12人のメンバーで12時間タスキをつなぎながら走るというもので、足の速い人、足の遅い人、仮装して走る人、そしてランニングが苦手な人......実にさまざまなランナーが参加していました。つまり、「好きなように走っていいですよ」という大会だったのです。

 そんなルールだったので、私は応援してくれる人々に手を振りながら、得意の「楽ラン」でゆっくりと走りました。そして次のランナーにタスキを渡す50メートルほど手前、私はちょっと目立つために(笑)ラストスパートしてみたのです! 待機しているランナーも、「最後だけは元気だね〜」と笑ってくれました。すると、一部始終を見ていた俊足の芸人ランナーさんが声をかけてきたのです。そして、芸人ランナーさんにこう言われました。「あの50メートルダッシュの走り方を毎日やると、本当に身体が変わるよ」。

 言われた瞬間は、どういう意味なのか分かりませんでした。その理由を聞いてみると、どうやら私のダッシュ時の姿勢(手の振り方、足の上げ方)が良かったらしく、そのフォームで「きっちり」「真剣に」走れば、短時間でも「走れる身体」が作れるんだそうです。アドバイスをもらった私はさっそく、30分のランニングや5キロのランニングなど、長い距離でなくても気を抜かずに走る練習を試しました。するとその結果、以前より足の回転がスムーズになり、心肺機能もアップしたのです! さらに、今まで疲れやすかった上半身も楽になり、その練習の成果が「100キロマラソン」の完走(「100キロマラソンにリベンジだ」参照)に結びついたのだと思います!

☆短い距離を「本気」で走る練習メニュー

「きっちり走る」というのは、5キロでも、3キロでも、たとえ少しの距離でも「本気で」走ることだと思いました。今回、私は「きっちり真剣に走る」ために、このような練習方法で取り組んでみましたよ!

(1)ノンストップで走れる場所を探す。

 まずは自分のフォームをチェックしながら走るためにも、信号で止まることなく、さらに人通りの少ないコースがいいかと思いました。短い距離でもノンストップで走るのなら、公園などのランニングコースがいいかもしれません。私は公園まで歩いて、コースに入ってから真剣に走りましたよ。

(2)スタート前にしっかりと水分補給。

 私は普段、ペットボトルを持って走っています。もともとノドが渇きやすいですし、ペットボトルを持っていても邪魔に感じないからです。しかし、今回は本気で走ろうと思ったので、ペットボトルは持たず、スタートする前に多めに飲んでから走りました。ただ、必要以上の水分摂取は水中毒になる危険もあるので(「まさかの『水中毒』になってしまいました」参照)、要注意ですよ!

(3)短い距離でも大事なのは「フォーム」。

 本気で走る距離は、3キロでも、20〜30分でも良いと思います。「ちょっと呼吸が乱れるな」というぐらいのペースを保ちつつ、大事なのは「走るときのフォーム」。ラストスパートするときのように、両手を後ろまで振って、足の回転もいつもより速めに。そうすると、短い距離でもすごく疲れますよ! 実際にやってみると、手と足を意識的に動かすのは、これまで意外とできていなかったように感じました。音楽を聴きながら走っていると、つい足だけ動かしていることもしばしば......。常にフォームをチェックして走ることで、体幹のブレない安定したランニングができるようになったと思います! また、「本気モード」にして走ると、腹筋をしっかりと使っているので、ウエストの引き締めに効果大かも(笑)?

 私の場合、きっちり走ると、5キロで30分程度。以前のゆっくりとしたランニングでは、5キロを1時間半かけていました。こんなにも違うんですね。今後は自分のスケジュールに合わせて、「きっちりラン」と「ゆっくりラン」、いろいろ組み合わせていこうと思います!

【今週のRUN日記】

10月5日(土) 休足日
10月6日(日) 5キロ @目黒
10月7日(月) 休足日
10月8日(火) 水泳60分
10月9日(水) 休足日
10月10日(木) 5キロ @お台場→有明
10月11日(金) 5キロ @皇居外周

 今週の走行距離は15キロ。久しぶりにお台場〜有明で走ってきましたよ。有明と言えば、そう、東京マラソンのゴール地点です! しかも私は、東京マラソン限定Tシャツで走ってきました。今年2月の東京マラソン2013を思い出しながら、懐かしいランでしたよ。有明付近を走っていると、最近まで「五輪2020を東京に!」と貼られていたポスターが「2020招致決定!」に変わっていて嬉しかったです! 今月下旬(10月27日)には、いよいよ「大阪マラソン2013」を走ります。涼しくなったのでマラソン日和ですね!

 LET'S RUN WITH ME!!

 今日までの練習の様子は、ブログをチェックしてください!→中島彩オフィシャルブログ「走ろう!彩と。」

【profile】
中島彩(なかじま・あや)
1987年8月1日生まれ、大阪府寝屋川市出身。慶應義塾大学法学部卒。元東海テレビ報道スポーツ局。現在はキャスト・プラス所属のフリーアナウンサー、タレント。身長158センチ。趣味はマラソンの他に、政治研究。TBS系列「オールスター感謝祭13春」出演。テレビ神奈川「ハマナビ」リポーター。FMカオン(84.2MHz)パーソナリティ(月曜日担当)。TBSラジオ「森本毅郎・スタンバイ!」のコーナー『現場にアタック』キャスター(隔週火曜・毎週木曜)。

中島彩●文 text by Nakajima Aya