写真提供:マイナビニュース

写真拡大

海洋堂が展開するアクションフィギュア「リボルテック」シリーズにて、世界的人気キャラクター「ハローキティ」の立体化が決定し、12月15日より全国のホビーショップ・家電量販店、ネットショップ等で発売されることが決定した。

これまでにさまざまなキャラクターのフィギュア化に挑戦してきた「リボルテック」シリーズだが、今回は1974 年に誕生した子猫モチーフの世界的な人気キャラクターである、ハローキティを立体化。同シリーズの高い可動域は本商品でも活かされており、全身の5箇所が可動する。足を伸ばしてのお座りポーズをはじめ、さまざまなポーズでディスプレイできるという。

さらに、顔の前面部品を交換すればウィンクの表情を再現することも可能。両手には磁石が内蔵され、リンゴとクレヨンを持たせることができる。付属のイーゼル、専用ベースとともに、ハローキティの世界観がフィギュアサイズで再現されている。原型製作は、造型と可動を両立させる「山口式可動」で一躍有名となった造形家・山口勝久氏が担当。これまでにない全く新しいハローキティのアクションフィギュアに仕上がっている。フィギュアのサイズは、前高60mm。

商品の価格は2,100円で、特設サイトは10月20日頃のオープンを予定している。

(c)1976,2013 SANRIO CO.,LTD.TOKYO,JAPAN(L)