昨今の株式市場の出来高が語るように、目先の日本株には不安要素が渦巻いている。しかし、衆参のねじれが解消し、長期政権が誕生したことを考えると、アベノミクス第2幕がスタートする可能性は大きい。まずは、足元のリスク要因を頭に叩き込み、それを逆手に取ったストラテジーで相場と向かい合うことが重要だ。


昨年からのアベノミクス相場では、多くの個人投資家が株式投資でオイシイ思いをしてきた。しかしここに来て、これまでの儲けをすべて溶かしてしまったという投資家も多いようだ。

ここから年末に向けては、消費税の増税問題や証券優遇税制の廃止、そして円高の懸念が株式市場の上値を抑えるとの見方も少なくない。マーケット関係者の間では、アベノミクスに代わって、「アベノリスク」という言葉が台頭しているほどだ。

一方、海外でも、米国の金融緩和縮小懸念や中国経済の失速、また欧州債務危機の再燃など、ネガティブな話題が多い。果たして、アベノミクス相場は5月で終了してしまったのだろうか?

本特集では、ここから年末に向けての株式投資のリスクを検証し、その裏をかくストラテジーなどを紹介していく。

アベノミクスの行方については、安倍首相のブレーンとして先の「集中点検会合」に出席したクレディ・スイス証券の白川浩道さん、戦略と銘柄については、2年連続で『夕刊フジ』の「株―1グランプリ」グランドチャンピンに輝いたフェアトレードの西村剛さんと、「Yahoo!株価予想」で39連勝を樹立したSBI証券の藤本誠之さんが担当する。

「人の行く裏に道あり花の山」という相場格言を信じるなら、今が絶好の仕込み場である可能性は大きい。

※本特集は、8月末の取材にもとづいて制作したものです。



この記事は「WEBネットマネー2013年11月号」に掲載されたものです。