手術のアルゼンチン大統領が退院

ざっくり言うと

  • 脳内出血を手術したアルゼンチンのフェルナンデス大統領が13日、病院を退院した
  • 大統領は8月に頭部を打った後、頭痛を訴え、慢性硬膜下血腫と診断された
  • 医師によると経過は順調で、今後30日間の休養が必要という

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング