写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ニンテンドー3DS用ゲームソフト『ポケットモンスターX』と『ポケットモンスターY』が12日、世界中で発売され、日本をはじめ各国で発売記念イベントが行われた。

『ポケットモンスターX・Y』は、全世界でシリーズ累計1億7,200万本を記録する『ポケットモンスター』シリーズの最新作。日本だけでなくアメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、スペイン、韓国など、世界各国で10月12日に一斉発売。日本では、予約本数が155万本を突破し、これまでに発売されたニンテンドー3DS専用ソフトにおいて、史上最多の記録を樹立している。

発売日の東京・港区「ポケモンセンタートウキョー」では、早朝から300人以上の長蛇の列が見られ、その後にアクアシティお台場で行われた発売記念イベントでも多くのファンが集結。世界では、ニューヨーク、パリ、ベルリン、ソウルでも発売を祝うイベントが行われ、新しい冒険の始まりを祝福した。

シリーズ初の3DSタイトルとなる本作には、新しいポケモンも多数加わり、700種類以上のポケモンが登場。プレイヤーは、ポケモントレーナーとなって、舞台となるカロス地方を冒険し、さまざまなポケモンを捕獲・育成しながら、他のトレーナーたちとバトルを繰り広げていく。1996年に発売されたシリーズの原点「赤・緑」に登場したフシギダネ・ヒトカゲ・ゼニガメもパートナー候補となり、14年ぶりの新タイプとなる「フェアリー」。空中戦の「スカイバトル」や、一匹で複数の敵と戦う「群れバトル」といった新たなバトル要素。さらに、インターネット通信を駆使した世界中のプレイヤーと交流できる仕組みがより強化され、さまざまな新要素が搭載されている。世界中のプレイヤーと、ポケモンを交換したり、バトルの腕を競ったり、メッセージを送ってみたりとこれまでにない世界規模の冒険を楽しむことができる。

(C)2013 Pokemon.(C)1995-2013 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.