腸に負担がかかるこれからの時期の腸内環境をサポート

写真拡大

伊藤忠は、同社が調達する石垣島産ユーグレナを使用したヨーグルト「ユーグレナ& ヨーグルト」を2013年10月15日から販売する。石垣産ユーグレナ入りの商品が全国のコンビニエンスストア、量販店で一斉に流通するのはこれが初めてという。ユーグレナは藻の一種で、和名はミドリムシ。近年、その栄養価が注目されている。

59種類の栄養素・栄養の消化率が高い・乳酸菌を活性化

「石垣産ユーグレナ」は、沖縄県石垣島で生産されているユーグレナの粉末。乳酸菌の活性能力が高いとされているオリゴ糖を上回る乳酸菌活性化能力を持ち、ヨーグルトと非常に相性が良い。「ユーグレナ& ヨーグルト」は協同乳業が製造を行う。

藻の一種でありながら植物と動物両方の性質を持つというユーグレナ。潤い補給や酸化対策、コラーゲン生成などに欠かせないアミノ酸のほか、ビタミンミネラルやDHAなど59種類の豊富な栄養素を備え、現代人の食生活で不足しがちな栄養を補う食材として注目されている。

ユーグレナはまた、余分な油を吸着して溜まらないように働く独自成分を持ち、栄養の吸収を阻害する細胞壁がないため、豊富に含まれた栄養素を効率的に消化吸収することが可能になる。

食欲が増す秋やその後に控える忘年会や新年会、さらに激しい寒暖差など、腸に負担がかかるこれからの時期の腸内環境を整えるのに役立つという。

アロエ果肉を加えマスカット風味で仕上げている。

価格は128円。