写真提供:マイナビニュース

写真拡大

100円台から展開されるため、お手軽なB級グルメ感が強いハンバーガーだが、全国には1万円もする超高級バーガーや、「そんなものもバーガーにするの?」という驚きのバーガーもあるのだ。そのレポートをチェックしてから、実食に出掛けても遅くはない!?

お好み焼きや恐竜も! 北陸のハンバーガーが個性的すぎるっ!!

町おこしの一環として、近年各地で続々と登場しているのがご当地バーガーだ。北陸エリアでも、地元の素材をぞんぶんに生かした個性派バーガーが誕生している。今回そんなご当地バーガーの中でも、とりわけユニークな品々を紹介しよう。

渋谷でいつもと違うちょっと優雅な朝食タイムを楽しんでみない?

ちまたでは「世界一おいしい朝ごはん」なるキャッチフレーズの店が流行中。朝ご飯がおいしいとそれだけで気分よく一日を始められるんだから、やっぱり朝ご飯って重要なのだ。というわけで今回は、都内で素敵な朝食タイムを提供してくれるお店をリサーチ!

豊川市はいなり寿司の発祥地!? ユニークないなりたちが町を救う!

日本三大稲荷のひとつ「豊川稲荷」を擁する愛知県豊川市。いなり寿司はここ豊川市が発祥の地だとする説がある。そして今、いなり寿司が町おこしアイテムとして大進化を遂げているという。果たしてどんないなり寿司なのか!?

100円台から食べられる、飛騨牛&松坂牛コロッケを食べ歩く!

松阪牛に伊賀牛に飛騨牛など、東海エリアはブランド牛の宝庫である。しかし、ブランド牛はすき焼きやステーキで食べるととにかく高い。庶民には高嶺の花なのだ。……のはずが、ブランド牛グルメは(それとは間逆なはずの)B級グルメの世界で、昔から確固たる地位を築いている。

沖縄の「ゲーツー」で、地元の写真家がオススメするソウルフード巡り

沖縄には極東最大の米空軍基地・嘉手納(かでな)飛行場があり、基地第2番ゲート前の通りは、地元の若者たちに「ゲーツー」と呼ばれている。その通りには様々な国籍の飲食店店が並んでいる。