●17歳の日常

(画像:「Super Seisyun Brothers -超青春姉弟s-」公式Webサイトより)
©慎本 真/COMICポラリス/AIC

●キャスト
新本チコ:山本希望
新本チカ:逢坂良太
斉藤マコ:茅野愛衣
斉藤マオ:石川界人
小原シヨ:水瀬いのり
丸岡イオリ:柳田淳一
ナレーション:井上 剛

●ストーリー
姉同士が親友で、弟同士も親友で――
見た目は可愛くてオシャレだけど実はオタクで、自分のことが大好きな大学生、新本チコ。明るく爽やかなのにちょっとおバカで、自分のことが大好きな高校生、新本チカ。一緒にいると楽しいけれど、何だか少し残念?そんなよく似た新本姉弟。
見た目は清楚で美人でモテるけど、不思議オーラ全開なフリーター、斉藤マコ。無口でクールでモテるのに、やっぱり不思議系な高校生、斉藤マオ。一緒にいると癒されるけれど、何を考えているのか分からない?そんなよく似た斉藤姉弟。
ちょっと変わった二組の姉弟は、毎日自由すぎる会話を繰り広げながら、
悩みの多い青春時代を明るくポジティブに駆け抜けていく。
この物語は、そんな姉弟達が贈る超日常青春コメディアニメーションです。…たぶん。
●仲良きことは善きことなり
新本チカ、以前は通学中に見知らぬ女の子から話しかけられた事もあったりモテモテだったそうです。しかし、最近はさっぱり、それは…。

女子生徒A「あの2人、いつも一緒でべったり。もしかして…。」
女子生徒B「やっぱり、あの二人…。」


新本チカと斉藤マオ、明らかに「やらな○か」方面に解釈されています!
●ニコイチ
教室にて新本チカと斉藤マオは2人で弁当を食べていると、

女子生徒C「新本くんと斉藤くんってニコイチって感じだよね!」
新本チカ「ニコイチ…、俺がかまぼこでマオがかまぼこ板って感じかっ!」


間違いではないけれど、何かが違う。つまり、攻めと受け的なやっぱり「や○ないか」方面?
●丸岡イオリ
丸岡イオリ「(バスケを)やらないか」

彼は新本チカと斉藤マオを誘いバスケをしようとしているものの、バスケ中に、

新本チカ「うちのクラスの女子の○○がさ、昨日××と△ック△したってさ!」

丸岡イオリ、動揺して顔が真っ赤になる!
●趣味
新本チカは趣味が無い。そこで斉藤マオに電話で聞いてみると、

斉藤マオ「趣味?チカと遊ぶこと。」

同じだ!新本チカは安心するも…。

新本チカと斉藤マオ、二人はいつ結ばれるのでしょうか?「Super Seisyun Brothers -超青春姉弟s-」、次回もお楽しみっ!


【ライター:清水サーシャ】


【関連記事リンク】
【アニメ】「Super Seisyun Brothers -超青春姉弟s-」第4話「新本チコ、自由と責任」(ネタばれ注意)
【アニメ】「Super Seisyun Brothers -超青春姉弟s-」第3話「好みの問題」(ネタばれ注意)
【アニメ】「Super Seisyun Brothers -超青春姉弟s-」第2話「進路志望は大人力!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「Super Seisyun Brothers -超青春姉弟s-」第1話「私がモテないのは…」(ネタばれ注意)
▼外部リンク

「Super Seisyun Brothers -超青春姉弟s-」AT-X公式Webサイト
「Super Seisyun Brothers -超青春姉弟s-」TVアニメ公式Webサイト