これまで日本女子サッカーにU-23というカテゴリーはなかった。2013年は秋まで、なでしこジャパンの強化合宿と海外遠征が続き、各世代の代表(U-16やU-19)もAFCアジア選手権で、来年のワールドカップ出場権を争う戦いがあった。つまりU-23は、10月6日から開幕した東アジア競技大会(中国・天津)に出場するため、新たなカテゴリーとして新設されたものである。

 U-20女子代表を巣立った選手たちや、大学生選手、そしてアンダー世代の代表活動時期以降に成長してきた選手など、いわば"狭間世代"からの新戦力発掘のため、なでしこジャパンの招集経験者は山根絵里奈(ジェフユナイテッド市原・千葉)、菅澤優衣香(ジェフユナイテッド市原・千葉)らわずかな人数にとどまった。しかし、戦績は3戦1勝2敗。惨敗と言える結果だった。

 初戦は格下のチャイニーズ・タイペイを相手に8−2の圧勝。予想通りの結果である。第2戦は地元・中国との対戦。反日感情が渦巻くアウェー感満載のスタジアムと相手の勢いに完全に飲み込まれて失点、ミスを連発する日本のパフォーマンスは決して褒められたものではなかった。

「こんなんだったら、帰ったほうがいい」久しぶりに佐々木監督が声を荒らげた。ボールを奪っても、すぐに他の選手に回してしまう消極的なプレイの連続。

 ハーフタイムの佐々木監督のゲキで閉塞的な空気が吹っ飛び、後半はなんとか盛り返したが、再び失点。結局は0−2で敗戦した。逆転優勝へ望みをつなぐ、日本の最終戦の相手は無敗で首位を走る北朝鮮。立ち上がりから積極的な動きを見せたのは日本だったが、先制点を奪ったのは北朝鮮。セットプレイからだった。その11分後にも追加点を許し、前半で痛い2失点。後半に入っても北朝鮮の守りを崩せず、試合終了。中国戦での課題を修正しながらの北朝鮮戦。徐々にパフォーマンスは上がってきたものの、日本は中国にも順位を譲り、3位で大会を終えた。

 そもそも難しい大会だった。国内ではリーグの真っ只中。各カテゴリー代表は時を違わず、奇しくも同じ中国でアジア予選となる大会を戦っている。多くの選手を呼べず、わずか5日程度のキャンプで大会に臨まねばならなかった。

 離脱者も続出した。浜田遥(スペランツァFC大阪高槻)、西川明花(FC吉備国際大学Charme)ら昨年ヤングなでしことして活躍したふたりに加え、10番を与えられていた嶋田千秋(日本体育大学)も怪我でチームを離れた。さらに、チームは10月1日に始動する形をとったものの、選手たちは所属チームのゲームを終えてから徐々に合流。全選手が揃ったのはすでに大会が開幕し、初戦を終えた7日のことだった。この状況でのチーム作りは不可能だ。それでも、佐々木監督は選手たちに日の丸をつけて自分たちの力で戦い抜く経験をさせたかった。 

「チームというより、個の問題。ゲーム体力もつけなくてはいけないし、フィジカルで敵わない相手に、気持ちで負けているようじゃ何も始まらない。ここに来た意味がない」

 佐々木監督が求めているものは技術だけではない。たとえ限られた時間でも、選手たちに与えられたチャンスは国際大会という大きなものだった。たとえ、日頃試合に出ていない選手や、90分間の出場が久しぶりだという選手が多かったとしても甘えは許されない。

 今回対戦した中国や北朝鮮は、7月の東アジアカップでなでしこジャパンが戦ったメンバーと大幅には変わらない構成。自由にプレイさせてもらえるはずはない。だとしても、その中でいかに打開策を見出していくのか、冷静な視点と積極的なチャレンジ――双方ともに中途半端になってしまったのが悔やまれる。

 選手たちも茨(いばら)の道であることは覚悟していた。勝負は第3戦目と考えていた。

「短期決戦でも積み上げていかなきゃいけないものもある。一つ一つクリアして最終戦で自分たちのベストの形が作れればと思ってます」と話したのは、ボランチに起用された齋藤あかね(浦和レッズレディース)だ。なんとボランチ初体験。「選手が離脱していって、残った選手を見たとき、消去法で、あれ?ひょっとして私がボランチかな?って、なんとなく覚悟はしてました(笑)」167cmの身長は日本では恵まれた体格と言える。

 もともと前線でプレイしていたが、U-20女子代表で佐々木監督と出会い、サイドバックへコンバートされた。「あのときも驚きましたけど(笑)」(齋藤)、今回は攻守の要・ボランチに大抜擢。初戦でボランチを組んだのは小林海青(日テレ・ベレーザ)。ともに初めてのポジションだった。夜はビデオで徹底研究。なでしこジャパンのゴールデンボランチコンビの澤穂稀&阪口夢穂のプレイを何度も見た。「ウチらもこれやろう!」と、ボランチのタテのバランスを常に意識した。勝手がわからなかった中国戦の反省を踏まえて、北朝鮮戦では積極的にゴールも狙った。

 今大会では、身体を寄せられてピッチに転がっていく日本選手をよく目にしたが、強く当たられても齋藤の身体はブレなかった。「自分がやることで他の人が『もっと自分もやらなきゃ』って思わせるプレイを意識した」という齋藤。わずか10日のボランチ歴ながら存在感は十分だった。佐々木監督が求めていることを感じ取っていたかのようなプレイに「ボランチとしての体力はないけど、寄せの強さがあって、フィードもできる。可能性はありますよ」と、指揮官もまずまずの様子だ。

 他にもマルチプレイヤーの片鱗を覗かせた齋藤夏美(バニーズ京都SC)や、時折サイドから切り込みを見せた吉良知夏(浦和レッズレディース)、タイペイ戦でハットトリックを達成した植村祥子(日本体育大学)ら、素質を持った人材も奮闘したが、なでしこジャパンレベルとの隔たりは大きい。

「ここからなでしこチャレンジに何人呼べるか」と話した佐々木監督。"なでしこジャパン"ではなく、予備軍である"なでしこチャレンジ"入りのラインがここだという現実を選手たちも受け止めている。「どれだけ自分が上の人たちに引っ張ってもらっていたか痛感しました。足りないことだらけ」と菅澤が悔しさをにじませれば、「個人で打開する力をつけないとダメ。国内でできなきゃ、アジアでだって通用しない」と決意を新たにしたのは吉良。アジアとの差、なでしこジャパンとの差、これまで漠然としていたものが、すべて目の前に炙(あぶ)り出された。厳しい現実だからこそ、ここからは上がっていくだけ。具体的な課題を手土産に、U-23女子代表の戦いは終わった。

早草紀子●文 text by Hayakusa Noriko