10月、11月と続く欧州遠征初戦のセルビア戦は、日本代表にとって、勝負に集中するのが難しい試合だったのは間違いない。

「国際レベルでの経験値をさらに高めたい」(ザッケローニ監督)とやってきた、今回のヨーロッパ遠征。その第1戦となるセルビアとの試合は、長くセルビア代表の中心として活躍したデヤン・スタンコヴィッチの引退試合として行なわれた。

 選手入場後にセレモニーが行なわれ、さらにキックオフから10分が経とうというところで試合は中断。先発したものの途中交代となったスタンコヴィッチを、両チームのメンバーが花道を作って送り出す。その後、主役に代わってラドヴァノヴィッチが投入され、試合再開となるのだが、ピッチ脇で記念撮影を行なうスタンコヴィッチに、試合そっちのけでスタンドからは盛大な拍手が送られる。

 これでは選手が試合に集中できなくても無理はない。事実、日本の選手は前半なかばまでミスを連発し、セルビアに主導権を握られた。

 だが、惜別ムードに浸るセルビアにしても、決して出来がよかったわけではない。次第に落ち着きを取り戻した日本はパスがつながるようになり、日本がセルビア陣内に攻め入る時間が長くなった。
 後半も含め、その後の試合はおおむね日本ペースで進んだと言っていい。ザッケローニ監督が「アウェーの地でこれだけの内容の試合を、しかもヨーロッパのトップレベルのチームを相手にできたのはポジティブなこと」だと話すのは、このあたりが根拠になっているのだろう。

 セルビア代表のミハイロヴィッチ監督も、「日本は世界でも上位にランクされるチームだと分かっていた。コンパクトでキレがあり、よくオーガナイズされたチームだったので非常に難しい試合になった」と振り返っている。

 ところが、結果は0−2。58分、セルビアに後半最初のチャンスを生かされ、先制を許すと、試合終了直前の追加タイムにもカウンターから失点して万事休した。

 敵将がこの勝利を「幸運以外の何ものでもない」とし、「我々は若い選手が多く成熟していないので、日本のような強いチームに苦戦するのは当然」だと語ったのは、いくらなんでも謙遜が過ぎるとはいえ、少なくとも日本が圧倒的な力の差を見せつけられて敗れたわけでないのは確かである。

 では、なぜ日本は勝てなかったのか。答えは簡単。ゴールを奪うことができなかったからだ。

「チャンスの数とゴールの数が比例しない」

 ザッケローニ監督がそう言って嘆くのも分からなくはない。とはいえ、指揮官の言う「チャンスの数」のなかに一体、決定的なチャンスがいくつあったか。残念ながら2、3回というところだろう。

 問題解決のためにはフィニッシュの精度を高めることも必要だが、それ以上に、いかにして「決定機の数」を増やすかを考えていかなくてはならない。

 そのために必要なのは、安定したボールポゼッションで相手を押し込み、人数をかけて崩し切ることだ。

 この試合のように、相手が築いた強固な守備ブロックを前にして、岡崎慎司や柿谷曜一朗を走らせて1本のパスでDFラインの背後を狙う"一か八か"のようなやり方では、決定機の数を増やすのは難しい。ましてや中盤でのパスミスが多く、簡単にボールを相手に渡してしまっていたのでは話にならない。

 また、このところの試合で失点が多いことを気にしてか、パスをつながず簡単にクリアしてしまうシーンが多いのも気になった。"安全第一"はもちろん大切だが、できるだけ自分たちがボールを保持する時間を長くし、ボールを自分たちのゴールから遠ざけておくこと。それこそが、日本の勝利の可能性を高める最も有効な手段である。

 DF今野泰幸は「個人としても組織としても、まだまだ足りないからこういう結果になった」と語る。だが、結果として負けたことはさほど気にする必要はない。むしろ問題なのは試合内容。

 最終的な勝敗はともかく、このくらいの相手ならばもっとボールポゼッションで上回り、優勢に試合を進められていい。実際、何本もパスをつないで攻め、一度はね返されてもセカンドボールを拾って攻め直す、そんな時間帯をわずかだが作ることもできていた。

 ザッケローニ監督は試合を前に「アウェーゲームであろうとも、いつも通り『勇気とバランス』を持って試合をしようと選手たちには話をした」という。そしてまた、「選手はその通りにやってくれた」とも。

 しかし、その言葉を素直に受け取ることは難しい。同じ無得点で終わるにしても、恐れることなくパスをつなぎ、もっと試合を支配することはできたはずだ。

 この敗戦の原因を「決定力不足」で片づけてしまったら進歩はない。

浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki