「YSP-1400」

写真拡大

ヤマハは2013年10月中旬、デジタルサウンドプロジェクター「YSPシリーズ」から、テレビの前に置けるワンボディスタイルでBluetooth(ブルートゥース)接続に対応した「YSP-1400」を全国発売。価格はオープンだが、直販価格は3万9800円。

8.5センチ径のサブウーファーも

本体中央に計8個の小型スピーカーを配置し、独自技術により音のビームを壁に反射させて、センター・前方左右・後方左右の5方向からリアルな5.1チャンネルサラウンドを実現する。また、左右両端のスタンド部には8.5センチ径のサブウーファーを内蔵し、豊かで広がりのあるクリアな重低音再生を可能にした。

テレビとの接続は、光ケーブル1本をつなぐだけ。Bluetoothに対応し、スマホやタブレット、パソコンなどの対応機器内の音楽コンテンツをワイヤレスで再生できる。専用アプリを使えば、スマホやタブレットの画面上から本体操作なども行える。

人の声と背景音を判別して、人の声のみを自動で音量アップする「クリアボイス」機能や、テレビのリモコンで本機の操作ができる「テレビリモコン学習」機能を備えた。

サイズは幅1000×高さ96×奥行き133ミリ、重量は4.3キロ。