写真提供:マイナビニュース

写真拡大

東京ディズニーランドはこのほど、新しいナイトエンターテイメント、キャッスルプロジェクション「ワンス・アポン・ア・タイム」のスタート日が、2014年5月29日に決定したと発表した。

○シンデレラ城に映画の感動シーンを投影

「ワンス・アポン・ア・タイム」は、プロジェクションマッピング技術を駆使した、幻想的なナイトエンターテイメント。プロジェクションマッピングは、建物などの形状に合わせて投影することにより、映像を立体的に表現する技術で、東京ディズニーリゾートのエンターテイメントプログラムでは初めての導入となる。

公演場所はシンデレラ城。物語は「美女と野獣」のミセス・ポットが息子のチップに優しく語りかけるところからスタートする。そして、「ふしぎの国のアリス」「シンデレラ」などのディズニー映画の感動的なシーンが、立体的な映像、心に響くディズニー音楽、パイロ(ステージ用の花火)などの特殊効果で鮮やかによみがえる。"命が吹き込まれた絵本"となったシンデレラ城が繰り広げる、驚きと感動の新しいエンターテイメントとなっているという。公演時間は約15分。

(エボル)