<バンタム級/5分3R>
ソン・ミンジョン(韓国)
Def.3R by リアネイキドチョーク
田村一聖(日本)

UFC再出撃を目標に掲げる田村がRFCに登場。ミンジョンの蹴りを受けて、田村がいきなり右ストレートを打ち込む。ミンジョンも強気にパンチで前に出ると首相撲からヒザ蹴り、右ストレートにつなげて田村をケージまで下がらせる。田村もすぐにタックルに入り、バックを狙ったミンジョンを前に落とす。ケージを背に立ち上がろうとするミンジョンを寝かせた田村は、インサイドガードからパンチを落としつつ、足を一本またいでハーフへ。二重絡みのミンジョンに田村がコツコツと鉄槌を落とし続け、レフェリーがブレイクを命じた。再開後、じりじりと前に出ていくミンジョン、田村はケージ内を大きくサークリングする。

2R、勢いよく右ストレートから飛び込む田村。ミンジョンは左ハイキックを飛ばし、田村がシングルレッグで組みつく。ミンジョンはケージを背にし、腕をたすきに回してバックをうかがいながら鉄槌を落とす。田村も足を畳んでテイクダウンを狙うが、ミンジョンがケージを背にして立ち上がる。再び田村がシングルで組みつくと、ミンジョンは先ほどと同じようにテイクダウン許さずに鉄槌。しつこくシングル・ダブルレッグでテイクダウンを狙う田村だったが、結果、ミンジョンが立ち続けてブレイクを待った。

スタンドに戻ると両者が同じように左フックを相打ち。ミンジョンがローを飛ばし、田村のタックルを切ってヒザ蹴りを入れる。田村が立ち上がってケージまで押し込むが、ミンジョンは倒れない。逆にミンジョンが左ハイキックから右ストレートを当て、四つ組みからクリーンテイクダウンを奪うと、一気にサイドポジションで押さえ込む。田村も体を起こしてミンジョンをケージへ。ミンジョンはタックルを切りつつ鉄槌を落とし、最終的にトップポジションを奪った。

3R、ミンジョンが右ストレートから左フック。田村のテイクダウン狙いをケージを背にして阻止する。そしてミンジョンがバックをうかがいながら田村を後方へテイクダウンし、一気にマウントへ。田村も足を一本戻すが、ミンジョンはトップをキープしてコツコツとパンチを落とす。ミンジョンはそのまま田村の頭をケージに押し付けると、体を起こしてパンチを連打。田村のガードからの腕十字をディフェンスしつつ、中腰から強烈なパンチを叩き込む。これで一瞬、動きが止まる田村。ミンジョンの鉄槌を浴びながらも必死に体を起こそうとするが、すぐにミンジョンが首に手を回してリアネイキドチョークへ。これががっちりと極まり、腹這いになった田村はタップするしかなかった。