種村さんこだわりの色を再現

写真拡大

愛知県一宮市の一宮商工会議所は、人気少女漫画「神風怪盗ジャンヌ」に登場するキャラクター、怪盗ジャンヌとシンドバッドの衣装を尾州産地の生地を使用して製作した。2013年10月14日に尾張一宮駅前ビル(i-ビル)3階シビックテラスで発表会を開き、コスプレ体験イベントもおこなう。

実際に衣装を着てもらう「コスプレ体験」も

作者で同市出身の漫画家、種村有菜(たねむら・ありな)さんと、商工会議所内でコスプレによる街の活性化を目指す「コスチュームタウン推進委員会」との協力によるものだ。一宮のある愛知県北西部の尾張地域は、古くから織物を中心に栄えてきたため、尾州産地とも呼ばれる。実は現在でも日本有数の生地産地で、これをアピールしたい狙いもある。

『神風怪盗ジャンヌ』は1998年から2000年にかけて、月刊りぼん(集英社)で連載された。ジャンヌ・ダルクの生まれ変わりの高校生、日下部まろんが怪盗ジャンヌに変身し、同級生の名古屋稚空扮するライバル、怪盗シンドバッドと小競り合いを繰り広げながら、魔王と戦うストーリーだ。累計発行部数500万部を突破する大ヒットとなり、テレビアニメ化もされた。

今回製作したのは、ジャンヌとシンドバッドの衣装だ。高級ブランドなどに卸している上質な尾州産地の生地を使用し、種村さんの色へのこだわりを取り入れて、調整を重ねたという。

発表会では、衣装のお披露目だけでなく、一般公募した人に実際に衣装を着てもらう「コスプレ体験」イベントもおこなう。衣装だけでなく、メイクやかつらもセットする本格的なもので、専門のカメラマンが写真を撮影する。一宮駅前周辺の各施設を一部開放し、写真撮影会場とする「市内散策による写真撮影会」も実施する。イベント見学は申込み不要。

同日開催する、喫茶店のモーニングサービスを紹介するイベント「第7回一宮モーニング博覧会」と相互にコラボレーションし、会場を盛り上げていく。