<フライズ・ドットコムオープン 2日目◇11日◇コードバレーゴルフクラブ(7,368ヤード・パー71)>
 カリフォルニア州で開催されている、米国男子ツアー2013-14年シーズン開幕戦「フライズ・ドットコムオープン」は2日目を終了。激しいバーディ合戦が繰り広げられる中、ブルックス・コプカ(米国)がトータル11アンダーで単独首位に浮上、1打差の2位にジェイソン・コクラック(米国)がつけている。石川遼と松山英樹はそろってスコアを伸ばしてトータル6アンダーの11位タイで決勝ラウンドに挑む。

 2アンダーの19位タイからスタートした石川はINから出て10番でバーディを奪う幸先の良い立ち上がり。さらに12番、13番でも連続バーディ、18番をボギーとしたものの、後半も3つのバーディでスコアを伸ばした。終盤8番でボギー、9番パー5では2オンに成功しながら3パットのパーと、もったいない場面もあったが安定したプレーでスコアを伸ばして見せた。
 松山は1アンダー34位タイからスタート。こちらもINから出ると、10番バーディ、15番パー5では約254ヤードを5メートルにつけてイーグルを奪うなど序盤から快調にスコアを伸ばした。その後2つのボギーを叩いたものの、4つのバーディを奪って浮上を果たし、米ツアー本格デビュー戦でいきなり上位をうかがう位置で予選ラウンドを終えた。
 2人そろって上位での決勝ラウンド進出。3日目での同組は実現しなかったものの、日本勢での優勝争いへの期待も膨らんでいく。
【2日目の順位】
1位:ブルックス・コプカ(-11)
2位:ジェイソン・コクラック(-10)
3位T:ロバート・ギャリガス(-9)
3位T:ジム・ハーマン(-9)
5位:カミロ・ビジェガス(-8)
6位T:スコット・ブラウン(-7)
6位T:チャーリー・ウィ(-7)
6位T:ケビン・ツウェイ(-7)
6位T:カイル・スタンレー(-7)
6位T:ビリー・ハーレイIII(-7)
11位T:石川遼(-6)
11位T:松山英樹(-6)他5名
<ゴルフ情報ALBA.Net>