写真提供:マイナビニュース

写真拡大

年に2回の一大イベント「衣替え」。夏服と冬服の入れ替えを早くしなくちゃ、と思いつつ、ついつい億劫になって、取りあえず今着る服を探す……なんていう人も多いのではないでしょうか? そこで今回は、衣替えをスムーズに効率よくおこなうポイントを紹介します。

■衣替えは、気持ちよく晴れた日に!

衣服に湿気は大敵。衣替えをするなら、できれば晴れの日が続いて室内の湿度が低くなっている日におこないましょう。収納するタンスや押し入れなどのお掃除も水拭きしないこと。どうしても水拭きしたいときは、数日間置いてしっかり乾かしてから、衣装をしまいます。

■しまう前に、きちんと洗濯・クリーニングを!

衣替えは、しまうときが最も肝心。きちんと洗濯やクリーニングをして、汗や汚れを落としてからしまいましょう。特に夏服は汗がしみ込んだままだと、次のシーズンは黄ばんでいて着られない……なんて悲しい結果にもなりまねません。汗を落とすには、水洗いが基本です。洗濯機洗いだけでは落ちないことも多いので、汗が残りやすい襟、袖、脇はつけ置き洗いがおすすめ。

■一度にやろうと思わない!

衣替えが億劫になってしまうのは、全部一度で済ませようと思うから。それに、一気に済ませてしまうと、また暑さがぶり返したときに着る服がない! ということにもなりかねません。衣替えを簡単にするコツは、何回かに分けておこなうことです。今の季節の衣替えなら、たとえば最初は、水着やノースリーブ、夏柄のものなど真夏にしか着ないものをまずしまい、薄手の長袖シャツやカットソーなどを出します。その後、重ね着にして使うもの以外の夏服をしまい、残りの秋ものを出します。そして立冬までに、残りの夏服をしまい、厚手のニットやコート、マフラーなど真冬に使うものを出します。

■着る時期によって分けて収納しておく!

「真夏にしか着ない服」「真冬の厚手服」「秋冬の薄手服」「春夏の薄手服」など、着る時期によって服や小物を分けて収納すると、衣替えがとても楽になります。それぞれのグループごとに一つの収納ケースにしまうか、風呂敷や大判スカーフで包んでしまうと、なお楽に。収納ケースごと入れ替えたり、タンスの奥と手前で引き出しが2つに分かれているものを利用すれば、衣替えはあっという間に終わってしまいますよ。

■着なかった服、傷んだ服は潔く処分する!

去年は収納できたのに、今年は服が増えて収納できなくなった、なんてこともよくあります。こんなときは新しく収納ケースを買うのではなく、思い切って「収納に入らない分」を処分しましょう。そうはいってもなかなか捨てられないものですが、「2年以上着なかった」「サイズが合わない」「流行遅れになっている」などを目安にしてみてください。収納するときは、特に型崩れなどが気になるものは詰め込みすぎないのもポイントです。

■防虫剤は1種類を、衣服の上に置く!

防虫剤の成分は空気より重いため、衣服の上に置くことがポイントです。また、違う成分の防虫剤を一緒に使うと、衣服の変色の原因になることもあるようですから気をつけましょう。押し入れなどには、カビ対策のため、湿気取りも忘れずに。

しまうときにきちんとしておけば、今度着るときはとても楽になります。秋晴れが続き、連休も多いこの季節。来シーズンまた気持ちよく着ることができるよう、思い切って衣替えしてみませんか。

文●桜糀はな(エフスタイル)