ケリング 初のオンラインマガジン「K Magazine」を創刊

写真拡大

 10月7日、「GUCCI(グッチ)」や「SAINT LAURENT(サンローラン)」、「Alexander McQueen(アレキサンダー・マックイーン)」などのラグジュアリーブランドを傘下に収めるケリング(旧・PPR)が、オンラインマガジン「K Magazine」を創刊した。更新は週1回で、アートやファッション、ライフスタイルなどについて紹介するという。

ケリング 新オンラインマガジンを創刊の画像を拡大

 「K Magazine」は毎週、ゲストコメンテーターやケリングにゆかりのある人物が登場し、インタビューや特集、ビジュアルや動画などを幅広く提供。7日にリリースされた創刊号には、パリ市立ガリエラ美術館のオリヴィエ・セイエールや、ブシュロンCEOのピエール・ブイスー、スケートボーダーのレミー・ストラットン、韓国人デザイナーのジン・ケイなどが登場している。

 今後、Vogue Italia編集長フランカ・ソッツァーニが若い才能について語る特集や、世界のデザインスクール、そのほかさまざまなクリエーションを紹介する予定。現在の配信は英語・フランス語の2か国語のみで、次号は14日に更新する。

「K Magazine」:http://www.kering.com/en/magazine