ジュニア時代に慣れ親しんだコースで今季4勝目を狙う(撮影:ALBA)

写真拡大

<スタンレーレディス 初日◇11日◇東名カントリークラブ(6,540ヤード・パー72)>
 国内女子ツアー「スタンレーレディス」の初日。会場となる東名カントリークラブでジュニア時代から腕を磨いてきたという吉田弓美子が5バーディ1ボギーの“68”をマーク。首位と3打差の3位タイと好スタートを決めている。

 東名カントリークラブでは毎月第2、第4土曜日にコースをジュニアを対象に開放している。吉田は小学生から高校生を卒業するまで、毎月、このジュニア開放日に東名カントリークラブの9ホールラウンドを重ねてきた。「父に連れてきてもらって何度もラウンドしました。すごく馴染みのあるコースですね」良いスコアを出すこともあれば、10球以上のボールを池に打ち込んだこともある思い出のコース。だからこそ吉田は「絶対に上位にいきたい」と並々ならぬ決意で今大会の臨んでいた。
 そんな中、初日は雨の影響でスタート時間が30分遅れ、さらに強風が吹き荒れるタフなコンディションとなったが、吉田は持ち味の安定感のあるプレーできっちり4アンダーをマークし3位タイの好位置で初日を終えた。現在賞金ランキング4位につける吉田にとっては終盤の女王争いを見すえた上でも今大会の成績は重要な意味を持ってくる。
 「(賞金女王は)一生懸命やった結果としてついてきたら嬉しいというくらい。でも終盤まで女王争いのメンツに残っていたいですね」先週、吉田の地元である相模原ゴルフクラブで行われた「日本女子オープン」では42位タイと結果を残すことができなかった。第2の地元とも呼べる今大会では今度こそ結果を残して終盤の女王争いにつなげたい。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
服部真夕、大爆発8バーディ奪取で単独首位!「気持ちがいい」
選手のバーディが被災地支援に!大会を通じたチャリティの試み
「日本プロゴルフシニア選手権大会」のリーダーズボードはここから!
ゴルフ好きな美女を紹介!「今日の美ゴ女」続々更新
各ツアーの賞金ランキング