<第52回日本プロゴルフシニア選手権大会 住友商事・サミットカップ 2日目◇11日◇サミットゴルフクラブ(6,921ヤード・パー72)>
 国内シニアメジャー競技「第52回日本プロゴルフ選手権大会 住友商事・サミットカップ」の2日目。初日9位タイにつけた渡辺司がこの日9バーディと大爆発、リーダーズボードを一気に駆け上がり通算10アンダーで単独首位に躍り出た。
 この日2アンダーからスタートした渡辺は、出だし3ホールで3連続バーディと絶好のスタートを切った。続く6番、7番でも連続バーディ。さらに9番でもバーディを奪い前半6バーディ・ノーボギーの完璧なゴルフを見せつける。後半でも10番、15番でバーディを奪いさらにスコアを伸ばす。17番でこの日唯一のボギーを叩くも次の18番ですぐさま取り返し、後半は3バーディ・1ボギーでホールアウト。トータル9バーディ・ボギーの“64”をマーク、通算10アンダーで2日目を終えた。
 その渡辺を2打差で追うのは初日首位につけた南條勝美。南條は序盤で2つバーディを先行させる良い流れで、前半3バーディ・1ボギーの“34”で回り、8アンダーまで伸ばす。しかし、後半はボギー先行で苦しい展開。終盤の17番でバーディを奪い何とか8アンダーに戻しホールアウト。トータル4バーディ・2ボギーで通算8アンダーでフィニッシュした。
 
 通算7アンダー3位タイには大井手哲とブーンチュ・ルアンキット(タイ)の2人がつけ、続く5位タイには前年の覇者で現在シニア賞金ランキングトップの室田淳と中根初男の2人が通算6アンダーで並んだ。 
 さらに通算4アンダー単独7位にグレゴリー・マイヤー(米国)。通算3アンダー単独8位に久保勝美がつけた。
 
 初日“71”でラウンドしエージシュートを達成した青木功は、この日は“72”のイーブンパーで回り、惜しくも2日連続エージシュートを逃したが通算1アンダーで12位タイで決勝ラウンドに進んだ。
【2日目の結果】
1位:渡辺司(-10)
2位:南條勝美(-8)
3位T:ブーンチュ・ルアンキット(-7)
3位T:大井手哲(-7)
5位T:室田淳(-6)
5位T:中根初男(-6)
7位:グレゴリー・マイヤー(-4)
8位:久保勝美(-3)
9位T:高橋勝成(-2)
9位T:横山明仁(-2)
9位T:陳志忠(-2)
12位T:青木功(-1)他8名
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
青木功、腰痛で苦しむもエージシュート!1アンダー14位タイ発進
藤本佳則が単独首位に「いい意味で吹っ切れている」
「日本プロゴルフシニア選手権大会」のリーダーズボードはここから!
ゴルフ好きな美女を紹介!「今日の美ゴ女」
各ツアーの賞金ランキング