入れ込まず自然体で2勝目を狙う藤本佳則(撮影:ALBA)

写真拡大

<TOSHIN GOLF TOURNAMENT IN Central 2日目◇11日◇TOSHIN Golf Club Central Course(7,008ヤード・パー72)>
 国内男子ツアー「TOSHIN GOLF TOURNAMENT IN Central」は2日目の競技が終了。この日も熾烈なバーディ合戦が繰り広げられた。
藤本佳則、プレーが噛みあい1打差2位「これを当たり前にしていかないと」
 
 1打差2位タイから出た藤本佳則が3連続を含む9バーディ・1ボギーの64をマーク。トータル17アンダーまでスコアを伸ばし、単独首位に浮上した。2打差の2位には先月「ANAオープン」で今季初優勝を挙げた小田孔明がつけている。
 藤本は「昨日と同じような流れ」と好調のパットを武器にこの日も出だしから3連続バーディを奪うなど会心のゴルフを披露。「ボギーを叩いてもイラっとしない。いい意味で吹っ切れているのがいい結果につながってますね」と肩の力を抜いた自然体でのプレーがバーディラッシュを演出しているようだ。「明日、明後日もこういう気持ちでやりたいですね」、このまま入れ込むことなくツアー2勝目を獲りにいく。
 小田はこの日7つスコアを伸ばし、3位タイから2位に一歩前進。「今日は満足です。ANAクラスにパターが入ってくれてるからいいですね」と笑顔をみせた。いい位置で折り返したが、優勝に関しては「(藤本)佳則次第ですかね」とコメント。「明日終わって1打でもリードしてたら勝てるんじゃないですかね」。小田はこれまで通算6勝、そのすべてが逃げ切りでの勝利だ。
 自分の得意パターンに持ち込んで小田が勝つか、自然体ゴルフの藤本か。または下から爆発的なスコアをたたき出す選手が現れるのか。明日のムービングデー、どういう展開になるか、これだけスコアが伸びるコースだと予想するのは難しい。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
川村昌弘、イーグル締めで4位Tに急浮上!「伸ばしあいについていきたい」
重永亜斗夢が4位タイに浮上、しかし「自信はないです」
「日本プロゴルフシニア選手権大会」のリーダーズボードはここから!
ゴルフ好きな美女を紹介!「今日の美ゴ女」
各ツアー賞金ランキング