<TOSHIN GOLF TOURNAMENT IN Central 2日目◇11日◇TOSHIN Golf Club Central Course(7,008ヤード・パー72)>
 国内男子ツアー「TOSHIN GOLF TOURNAMENT IN Central」の2日目。初日単独2位につけた藤田佳則が、9バーディ・1ボギーの“64”でラウンド、スコアが伸び悩む初日首位の呉阿順を尻目に、通算17アンダー単独首位に立った。
 この日9アンダーからスタートした藤本は、出だしから3連続バーディと最高のスタートを切る。続く14番でバーディ。さらに17、18番でも連続バーディを決め、前半は6バーディ・ノーボギーの“30”でラウンド、15アンダーで折り返した。
 後半に入っても順調にバーディを重ね、終盤の7番までに17アンダーにする。8番ではこの日初めてのボギーを叩くも、絶好調の藤本は次の9番でバーディ、すぐさま取り返し通算17アンダーで2日目を終えた。2日間で18バーディと大爆発の藤本。悲願のツアー2勝目に向け最高の位置で決勝ラウンドを迎える。
 その藤本と2打差の単独2位には先日の「ANAオープン」で今季初勝利を挙げた小田孔明。小田もこの日バーディを量産、8バーディ、1ボギーの“65”でラウンド、通算15アンダーで首位の藤本に肉薄した。
 続く通算13アンダー単独3位に初日首位発進を決めた呉阿順(ゴ・アジュン)(中国)。通算12アンダー4位タイには重永亜斗夢、カート・バーンズ(オーストラリア)、そして藤本と同じくこの日のベストスコア“64”でラウンドした川村昌弘の3人が並んだ。
 また、片山式の練習法でショットの調子が戻ってきた藤田寛之は通算9アンダー14位タイ。選手会長の池田勇太は通算7アンダー28位タイで2日目を終えた。
 2週連続で予選通過を狙った14歳のアマチュア・岡崎錬はこの日1つ伸ばすもバーディ合戦についていけず、通算3アンダーで予選通過できなかった。
【2日目の結果】
1位:藤本佳則(-17)
2位:小田孔明(-15)
3位:呉阿順(-13)
4位T:重永亜斗夢(-12) 
4位T:川村昌弘(-12)
4位T:カート・バーンズ(-12)
7位T:野仲茂(-11)
7位T:鍋谷太一(-11)
7位T:イ・サンヒ(-11)
10位T:上平栄道(-10)他3名
14位T:藤田寛之(-14)他4名
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
藤本佳則、プレーが噛みあい1打差2位「これを当たり前にしていかないと」
高校生プロ、鍋谷太一が3打差7位タイの好発進!「最高」
「日本プロゴルフシニア選手権大会」のリーダーズボードはここから!
ゴルフ好きな美女を紹介!「今日の美ゴ女」続々更新
各ツアーの賞金ランキング