「あと5分」「あと10分」 二度寝をやめる考え方

写真拡大

目覚まし時計が鳴り響く。眠い目をこすり、時計をチラリと見る。ああ、もう起きなければ。でも、あと5分だけ、いやあと10分たったら、起きよう。そして、遅刻…このような経験がみなさんにもあるのではないでしょうか。どうすれば二度寝をやめることができるのでしょうか?

二度寝で疲労回復しない

眠いときは、つい二度寝をしがちです。特に、冬の寒い朝は、あと5分、あと10分と起きるのを先延ばしにしがちです。しかし、疲労回復という観点からみると、起きるのをズルズルと先延ばしにするメリットはありません。

休日ならまだしも、仕事のある平日にこのような目覚め方をしてしまうと、その日1日中、スッキリしない気分で過ごすことになります。

二度寝は不満を生む

「あと5分だけ」とふとんの中にこもっているのは、まだ寝たりないという気持ちがあるからです。「もっと寝ていたい」という思いは、寝られないことに対する不満の裏返しです。あと5分寝ようが、10分寝ようが、その不満は解消されません。不満を抱えた状態で目覚めるわけですから、脳からドーパミンが分泌されずに、一日の始まりから、つまずくことになるのです。

また、5分や10分睡眠時間を延ばしたところで疲れが解消されるわけではありません。むしろ、寝たりないという不満が増幅され、疲労回復にマイナスの効果を及ぼします。

「よく寝た」と思おう!

毎朝眠いのは睡眠がたりないのではなく、睡眠がたりないような気にさせる起き方をしているからです。目が覚めたら「今日もよく寝た」と思ってみましょう。

二度寝をやめるには、「よく寝た」と思うことが大切です。また、二度寝すると逆に疲れると考えると目覚ましとともに目覚めやすくなります。

「早寝早起きでおすすめの本」の詳細を調べる