「HDR-AS30V」

写真拡大

ソニーは2013年10月11日、デジタルハイビジョンのビデオカメラレコーダー 「アクションカム HDR-AS30V」を発売した。価格はオープンだが、想定実売価格は3万円前後とみられる。

ウォータープルーフケース付き

電子式手ブレ補正により、激しいアクションスポーツでもブレの少ない動画が撮影できる。最大170度まで広角に撮影できるカールツァイス テッサーレンズや、総画素数約1680万の裏面照射型Exmor R CMOSイメージセンサーを備える。小型軽量化したウォータープルーフケース「SPK-AS2」が付く。

新搭載のGPS機能により、撮影後にパソコン用無料ソフトウエア「PlayMemories Home」を使うことで、ファイルに記録された位置情報を地図上に表示したり、移動の軌跡やスピードメーターを動画に重ねたりできる。Wi-Fi機能に加えNFC(近距離無線通信)を搭載し、スマホやタブレットからモニタリングしながら、録画のコントロールや、動画・静止画の転送が行える。

サイズは幅24.5×高さ47.0×奥行き82.0ミリ、重量は約90グラム(撮影時)。

ライブビューリモコン「RM-LVR1」をセットにしたモデル「HDR-AS30VR」も、12月6日に発売される。「RM-LVR1」を使うことにより、手元のカラーモニターで画角の確認や、撮影スタート、ストップなどの操作が可能になる。4万円前後を想定。