<第52回日本プロゴルフシニア選手権大会 住友商事・サミットカップ 2日目◇11日◇サミットゴルフクラブ(6,921ヤード・パー72)>
 国内シニアメジャー競技「第52回日本プロゴルフ選手権大会 住友商事・サミットカップ」の2日目。全選手がハーフターンを終えた時点で、初日2アンダー9位タイの渡辺司がこの日9バーディ・1ボギーの“64”をたたき出し、通算10アンダーで単独首位に躍り出た。
 この日渡辺は出だしから3連続バーディと最高のスタートを切る。続く6、7番でも連続バーディ。さらに9番でも奪い前半6バーディ・ノーボギーの完璧なゴルフを見せつける。後半に入っても10番、15番でバーディを奪いさらに伸ばす。17番ではこの日唯一のボギーを叩くも次の最終18番ですぐに奪い返してホールアウト、トータル9バーディ・1ボギーと最高のゴルフを見せ、2日目を終えた。
 2打差の通算8アンダー単独2位には初日首位に立った南條勝美。南條もこの日2つ伸ばすも渡辺の猛チャージについていけず2位に後退した。その南條と1打差の3位タイにブーンチュ・ルアンキット(タイ)、大井手哲の2人が通算7アンダーで並んだ。
 また、初日“71”でラウンドしエージシュートを達成した青木功は通算1オーバー28位タイにつけている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
青木功、腰痛で苦しむもエージシュート!1アンダー14位タイ発進
藤本佳則、プレーが噛みあい1打差2位「これを当たり前にしていかないと」
「日本プロゴルフシニア選手権大会」のリーダーズボードはここから!
ゴルフ好きな美女を紹介!「今日の美ゴ女」
各ツアーの賞金ランキング