写真提供:マイナビニュース

写真拡大

東京空港交通、千葉交通、東京ベイシティ交通の3社は16日、共同運行している高速バス「成田空港〜東京ディズニーリゾート線」のダイヤ改正を実施する。

今回のダイヤ改正は、LCCの成田空港到着ピーク時に合わせ、東京ディズニーリゾート行きを増便するのがおもな内容となる。増便するのは成田空港第2旅客ターミナル12時05分発・13時05分発の2本で、運行会社はどちらも東京空港交通。これにより、11〜15時台は1時間おきの運行となる。なお、同日からリムジン・パッセンジャーサービスが新たに運行会社として加わるとのこと。ダイヤ改正後の「成田空港〜東京ディズニーリゾート線」は、東京ディズニーリゾート行き8便、成田空港行き7便の体制となる。

あわせて16日から回数券も販売開始。1,200円券8枚つづりで、発売額は8,000円。2枚で片道1乗車できるため、通常運賃2,400円のところ、2,000円で乗車できる計算となる。小児の場合は1枚で片道1乗車できる。同時に複数名で使用することも可能。2014年3月31日までの期間限定発売となる。

(佐々木康弘)