特典航空券に交換できる「マイル」が貯まるクレジットカードの中でも、人気ナンバー1なのが「ANAマイレージクラブ」のANAマイルが貯まる「ANAカード」だ。

「ANAカード」には多くの種類があり、自分にとって一番有利なカードは何かがわかりにくい。そこで今回は、各ANAカードの特徴をまとめて、おすすめのANAカードを紹介していこう。

ANAカードの「一般カード」と「ワイドカード」の違いとは?

「ANAカード」には、大きく分けて2種類ある。「ANA一般カード(VISA / JCB / AMEX)」と「ANAワイドカード」だ。

ANA一般カード ANAワイドカード
年会費(税抜) 無料〜7000円 7250円
カード利用時の
マイル付与
1000円=10マイル
(10マイルコース利用時)
1000円=10マイル
(10マイルコース利用時)
入会・継続時
ボーナスマイル
1000マイル 2000マイル
搭乗時
ボーナスマイル
区間基本マイレージ×10% 区間基本マイレージ×25%
空港での
サービス
ビジネスクラス専用
チェックインカウンターの利用
優待割引特典 空港免税店の購入時10%オフ
提携ホテル特典 朝食・ウェルカムドリンク提供

 この「ANA一般カード(VISA / <JCB / AMEX)」と「ANAワイドカード」の違いは、主に「ANA便に搭乗する際に付与されるボーナスマイルの付与率」と「年会費」。

 まずは、「ANA一般カード(VISA / JCB / AMEX)」と「ANAワイドカード」の「ボーナスマイルの付与率の違い」について解説していこう。

「AANA一般カード(VISA / JCB / AMEX)」と「ANAワイドカード」の「搭乗時ボーナスマイル」は
「ANA一般カード」=「区間基本マイレージ×10%」
「ANAワイドカード」=「区間基本マイレージ×25%」
となっている。

 この「10%」と「25%」の差はどの程度のものなのか?

 例えば、「東京(羽田)⇔大阪(伊丹)」を通常価格の航空券で往復した場合、通常の搭乗マイルは「560マイル」になる。

 この場合、「ANA一般カード(VISA / JCB / AMEX)」では搭乗時に「区間基本マイル+区間基本マイルの10%(ボーナスマイル)」が付与されるので、付与されるマイルは合計で「区間基本マイル560マイル+ボーナスマイル56マイル=616マイル」。

 一方、「ANAワイドカード」では搭乗時に「区間基本マイル+区間基本マイルの25%」付与されるので、付与されるマイルは合計で「区間基本マイル560マイル+ボーナスマイル140マイル=700マイル」となる。

「東京(羽田)⇔大阪(伊丹)」間のように短いフライトではあまり差がつかないが、例えば、「東京(成田)⇔ハワイ(ホノルル)」の場合は「区間基本マイル=7662マイル」なので、付与されるマイル数は「ANA一般カード(VISA / JCB / AMEX)」では「合計8428マイル」なのに対し、「ANAワイドカード」では「合計9577マイル」も貯まることになる。

「東京(成田)⇔ハワイ(ホノルル)」間で考えた場合、「ANA一般カード(VISA / JCB / AMEX)」と「ANAワイドカード」の差は「1149マイル」。「1149マイル」を通常のクレジットカード利用で貯めるには11万4900円が必要なので、毎年必ずハワイに行く人なら年会費が多少高くても「ANAワイドカード」のほうが有利、と考えることもできるだろう。

 ただし、実は購入する航空券によっては「区間基本マイル」が大幅に減ることもある。その場合を考えるとどうだろうか。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)