写真提供:マイナビニュース

写真拡大

奈良・平城京を中心に東西南北に位置する4つの寺が集まった「大和四神めぐりの会」(西大寺・室生寺・金峯山寺・朝護孫子寺)は、東京・日本橋の「奈良まほろば館」にて、寺を身近に感じられる体感イベント「神おはす仏のすみか 〜大和四神めぐり〜」を開催する。開催日は10月17日〜29日。

○スクリーンにご縁仏が映し出される

同イベントでは、自分にご縁のある仏像(=ご縁仏)を診断できる、仏像インスタレーション「ご縁仏診断」を実施。カメラの前で合掌のポーズをすると診断がスタートし、数秒後に診断結果がカメラの前のスクリーンに表示される。

しばらくすると、スクリーンに映る診断者の顔にご縁仏の顔が浮かび上がり、ご縁を結ぶという。その状態で数秒程度の動画の撮影が自動スタートし、撮影された動画は、診断画面の隣りにあるスクリーン「ご縁仏マンダラ」にアップされる。

動画は同会Facebookページにも随時アップされていくとのこと。ちなみに、各寺のイメージカラーは、西大寺「赤」、室生寺「緑」、金峯山寺「青」、朝護孫子寺「黄色」となる。

○体験型セミナーを開催

会場の2階では、ほぼ毎日、体験型セミナーを開催。朝は朝のお勤め体験(参加費500円・茶粥付き)、昼は通常の講演(参加費無料)、夜はプチ体験(参加費1,000円・お茶+お菓子付き)として、実際に各寺で行われている行事(写経、座禅など)を少し体験したり、僧侶のお話を聞いたりすることができる。納経を希望する場合は、納経料が別途必要(1,000円)。

10月27日には、彫刻家でもあり仏師でもある、黒柳奈美子氏を講師に招き、自分だけのオリジナルお守りの制作を実施。制作後は4つの寺のいずれかにて祈祷し、後日渡されるとのこと。参加費は3,000円。

カフェコーナーでは、期間限定メニューとして、各寺にちなんだオリジナル和菓子とお茶のセットなども用意。詳細は同館イベント案内ページまたは同会Facebookページにて確認できる。

(OFFICE-SANGA)