「クリエイションは自由で無料なのか」を問う 菊地敦己が個展開催

写真拡大

 「minä perhonen(ミナ ペルホネン)」のグラフィックワークなどを手がける菊地敦己が、個展「Creation Is Free. Production Needs Fee.」を10月18日から東京・銀座のクリエイションギャラリーG8で開催する。インターネット時代の今「クリエイションは(自由/無料)なのか? グラフィックデザインとは何か?」をテーマに、ネットの特設サイトと実際のギャラリーという2つの会場を通じて展示。期間は11月21日まで。

菊地敦己が個展開催の画像を拡大

 東京・銀座のクリエイションギャラリーG8で開催される菊地敦己展「Creation Is Free. Production Needs Fee.」は、特設ウェブサイトとギャラリーの2会場構成が特徴。ウェブサイトでは、色やサイズなどをカスタマイズできるデザインオブジェクトのデータが配布され、ユーザーが自由にクリエーションのために使用することができ、ギャラリーでは同じデータを使用した菊地の作品・商品が展示販売される。

 展示されるポスター(作品)、Tシャツ・ノート・マグカップ・トートバッグ・マッチなどのグッズ(商品)は全て購入が可能。菊地敦己は「Sally Scott(サリースコット)」や「装苑」など、ファッション関連の仕事も多数手がけるデザイナー。

■Creation Is Free. Production Needs Fee.
期間:2013年10月18日(金)〜 11月21日(木)
会場:クリエイションギャラリーG8 東京都中央区銀座8-4-17 リクルートGINZA8ビル 1F
時間:11:00a.m.-7:00p.m. 日曜・祝日休館
入場無料