金価格は2011年9月に最高値をつけたが、今年に入って大きく下落、1オンス=1200〜1400ドルのボックス相場が続いている。山一証券を経て世界的な金の広報・調査機関ワールドゴールドカウンシルで企画調査部長として経済調査や金市場のマーケット分析に携わり、現在はマーケット ストラテジィ インスティチュート代表取締役の亀井幸一郎氏が、日本人にとって金投資はどのようなメリットがあるのか解説する。

 * * *
 私自身は、金価格は2011年9月の史上最高値1923.7ドルで大天井を打ったと思っていない。アメリカの量的緩和の縮小がもし9月に始まっても、やはり、そこは買い場だと考える。金価格は一時的に下がるが、実需の買いが入るからだ。

 今年2月に国内価格1グラム=5000円を超えていた金先物価格も6月末から7月初旬にかけて一時、4000円を割り込み、8月現在は4000円前半で推移している。今後も下落して4000円方向に接近する局面があると思うが、その水準まで下落した時は、買いを検討していいタイミングではないか。加えて、円安基調とはいえ、まだ1ドル=100円を下回っており、為替の面で日本人が金を有利に買える状況は続いているといってよいだろう。

 購入を考えているなら、金価格が下がった時に、1オンスの地金型金貨を随時買っていくのもいいし、純金積立で最小限額の契約をしておき、下落したところで、購入手数料がかからない「スポット購入」でまとめて買うのも有効な手段だろう。

 最近、100グラム、200グラムの金地金(バー)を買う人も増えている傾向があるが、1個あたり500グラム以下の金地金には、バーチャージがかかる。バーチャージが気になる人は、1つの手として、スポット購入目的で純金積立を活用するとよいだろう。

 日本では日銀が「異次元」の金融緩和策をこれから本格化させる。ばら撒き政策は、通貨を弱くする。日本人にとって、金は今後、新たな意味を持つ資産になってくるのではないだろうか。将来のインフレなどに備えたいなら、金価格が調整に入っている今の状況は、ある意味、買いのチャンスともいえる。

※マネーポスト2013年秋号