10年ぶりの声優挑戦が決まった木梨憲武/[c]2013 Twentieth Century Fox.

写真拡大

1頭のパキリノサウルスの成長を追いながら、群れで一番小さな恐竜の壮大な旅と成長を描いた感動作『ウォーキング with ダイナソー』。本作の日本語吹替版で主人公パッチ(パキリノサウルス)の声を木梨憲武が担当することが決まった。木梨が声優に挑戦するのは、『ファインディング・ニモ』(03)以来、10年ぶり。

【写真を見る】映画『ウォーキング with ダイナソー』(12月20日公開)の場面写真はコチラ!/[c]2013 Twentieth Century Fox.

映画の舞台は、7000万年前のアラスカ。木梨が声をあてるパッチは、厳しい冬を生き抜くために南へ向かう草食恐竜の群れで、耳に大きな穴の開いた、ひときわ小さな身体の恐竜だ。やがては群れのリーダーである父を亡くし、兄や仲間ともはぐれ、大きな肉食恐竜や自然の脅威と闘いながら旅をすることになる。

映画『ウォーキング with ダイナソー』は12月20日(金)より全国公開。【Movie Walker】