1アンダーで回り14位タイスタートを決めた青木功(写真提供:PGA)

写真拡大

<日本プロゴルフシニア選手権大会 住友商事・サミットカップ 初日◇10日◇サミットゴルフクラブ(6,921ヤード・パー72)>
 国内シニアメジャー「日本プロゴルフ選手権大会 住友商事・サミットカップ」が茨城県にあるサミットゴルフクラブを舞台に開幕。71歳の青木功がこの日3バーディ・2ボギーの“71”をマークして年齢以下のスコアで回るエージシュートを達成。14位タイと好スタートを決めた。
日本プロシニア選手権初日のリーダーズボード
 だが、偉業達成の好スタートにも青木の表情は晴れない。「おととしイギリスでプレーしたときに腰を痛めていたんだけど、先週の試合で再発してしまった。今日も一日よくもったと思う」と腰痛で椅子に座ることもできない状態。終盤のピンチもしぶとくしのいで18ホールを回りきったものの、72ホール完走もピンチに陥っている。
 71歳で“71”というエージシュートについても「60歳代で60台を出すから価値にある」とバッサリ。勝てば日本プロシニア初優勝となるが、「まずは4日間回りきるのが仕事。その中で今日みたいないいゴルフができれば」と冷静に先を見据えていた。

<ゴルフ情報ALBA.Net>