首位に立った岩本高志(写真提供:JGTO)

写真拡大

<HEIWA・PGM ChallengeIII〜Road to CHAMPIONSHIP 初日◇10日◇スプリングフィルズGC(6,978ヤード・パー72)>
 JGTOチャレンジトーナメント「HEIWA・PGM ChallengeIII〜Road to CHAMPIONSHIP」が開幕。初日トップに立ったのは岩本高志。岩本はこの日6バーディノーボギーと安定したゴルフを展開。時折、強い風が吹く難コンディションの中で着実にスコアを伸ばした。
遼、谷原がワールドカップ日本代表に内定!
 実は、岩本は昨日の練習ラウンドから風邪気味で、「昨日の練習ラウンドもふらふらでやってました。今も鼻声で頭もボーっとしているし、のども痛い。でも子供からうつったみたいで仕方ないですよね。」と辛そうな表情でアテストエリアから出てきた。
 この日は「ショットはバラバラながらも、かえって力まずにやろうとしたのが良かった。」と振り返り、またパットについては「今日は特にパットが良かった、長いのも入ってくれたし、グリーンを外したところでは微妙な距離のパーパットが上手く入ってチャンスをものに出来た。」と圧巻の6バーディをマークした。
 今年の6月からのシーズン前半戦はケガにより夏場の試合を休んでいた岩本。9月になってツアーに復帰し、今回がそこから4試合目となる。9月のeveryone PROJECT Challenge Golf Tournament 〜石川遼プロデュース〜 2013では初日3位タイ、2日目5位タイと優勝を狙える位置にいながらも、最終的には20位タイでフィニッシュ。
 「ここ最近は何度かいい位置で回れているけど、これまでは最後の詰めが甘くなっていた。」と冷静に自己分析。「一生懸命にやりすぎると、むしろダメになるパターンが多い。明日はあんまり力まずに優勝も意識せずにやりますよ。」とあくまでもマイペースでいく作戦。明日はこれまでの苦い経験も活かし、逃げ切りを狙う。
【初日の順位】
1位:岩本高志(-6)
2位:富村真治(-5)
3位T:西村匡史(-4)
3位T:櫻井匡樹(-4)
3位T:柳澤伸祐(-4)
6位T:平山俊介(-3)
6位T:小島亮太(-3)
6位T:近藤龍一(-3)

<ゴルフ情報ALBA.Net>