写真提供:マイナビニュース

写真拡大

街を紹介したり、旅行ガイドブックなどでうたわれている「小京都」という文字。京都のように趣があり、古都にふさわしい街なのかな、と想像はつくものの、何か基準があるのか、それともイメージで決められているのかは、あまり知られていないようです。そこで、「小京都」の条件について、調べてみました。

■京都に似た趣きを持っている街であれば「小京都」

「小京都」と呼ばれる街が加盟している全国京都会議にお話しを伺ったところ、「小京都」と呼ばれるための公式な条件は特に決まっていないとのことでした。全国京都会議は、京都市観光協会が中心となり、昭和60年に自治体を中心に結成された団体で、広域での観光推進を目的としており、「小京都」を認定する団体ではないそうです。現在では、弘前、湯沢、足利、郡上八幡、安芸、萩、伊万里などの都市が名を連ねています。

また、全国京都会議への加盟基準を伺ったところ、

・京都に似た自然と景観、街並み、たたずまい・京都との歴史的なつながり・伝統的な産業と芸能があること

この条件のうち1つでも該当があれば、加盟が許可されるそうです。全国京都会議が運営しているホームページ()では、京都ゆかりのまちとして、味、祭り、年中行事など、さまざまな観点から情報を公開しています。歴史的な背景も案内されていますので、旅行にでかけるときなどにチェックしてみてはどうでしょうか。

■京都の地名がついた町名が多い理由とは

「小京都」と呼ばれる街の町名には、京都の地名がついていることが多く見受けられます。町名の由来を調べてみると、「京都に風景が似ていたから」などのほか、伏見のように「水が豊富にわき出た場所なので」「伏見稲荷があったため」など、そもそもの理由により名付けられている場合もあるようです。

四季折々の風景が楽しめて、伝統あふれる情緒豊かな京都の町。そんな街並みに住んでみたいと考えている人は、「小京都」と呼ばれている街を探すと良いかもしれません。きっと憧れのイメージに近い街に住まうことができるかもしれませんよ。

文●櫻井 綾乃(エフスタイル)