ブラジルW杯まで244日
『ザックジャパンの完成度』
連載◆第23回:今野泰幸

 6月のコンフェデレーションズカップ(以下、コンフェデ)で3連敗を喫し、その後、8月のウルグアイ戦で2−4と完敗した日本代表。9月に行なわれた親善試合のグアテマラ戦とガーナ戦では、それらの敗戦で課題に挙がったディフェンス面を、どう建て直していくかが重要なテーマとなった。

 結果は、グアテマラに3−0で勝利し、難敵ガーナにも3−1と快勝。ガーナは主力を欠いていたとはいえ、3試合で9失点したコンフェデや、大量4失点を喫したウルグアイ戦から比べると、2戦を通して課題の守備は回復の兆しが見られた。

 守備陣の主力である今野泰幸は、何か手応えを感じたのだろうか。

「(グアテマラ、ガーナと対戦する直前の)合宿中に、チームで(守備の)ラインを合わせる練習や、組織で守る練習をしたので、その効果は試合でも確かに見られました。でも、『あッ、今(敵に)パスを出されたらヤバい』とか、『相手がミスしないで(パスを)つないでいったら危ない』とか、世界のトップが相手だったらどうなっていたんだろう、というシーンが結構あった。組織的な守備はまだ完璧じゃないですし、(コンフェデやウルグアイ戦で)失った自信は『回復しました』とは、まだ言えないですね」

 それでも、グアテマラ戦、ガーナ戦の2試合を見る限り、守備面では多くのことが修正されていた。前線からの守備は徹底されていたし、ザッケローニ監督がウルグアイ戦で不満をもらした最終ラインのラインコントロールも、以前よりは統制がとれていた。

「前線からの守備は、チームで『きちんとやっていこう』というミーティングをしたので、(本田)圭佑や(香川)真司らも積極的に(守備を)やってくれて良くなった。でも、全体の(守備の)連動という部分では、まだまだかな、と思います。

 ラインコントロールは、なかなか難しいですね。(合宿でも)練習を繰り返してきたけど、ラインを上下するには、ラインの並びを見ないといけないし、ボールと(自分が)マークする敵も見ないといけない。しかも、相手(の攻撃)に対して数的優位を作っていきながら、チャレンジ&カバーをやらないといけない。見ること、やることが多くなったうえに、瞬時の判断を求められることが多い。そうした状況の中で、ラインの上げ下げをスムーズにできるようにならないといけない。それを完璧にするのは、すごく難しい。だから、この2試合でも『完璧にラインコントロールができた』とは言えないです」

 今野は厳しい表情でそう語ったが、前線からの守備やラインコントロールなど、ディフェンスにおける戦術的な部分は、チームとしてメスが入れられ、問題解消に向けて少しずつは前進しているようだ。

 一方、選手個々の「守備の意識」という課題はどうだったのか。今野とともにセンターバックを務めている吉田麻也は、失点が増えた要因のひとつに、「いろいろなことが"なあなあ"になっていた」と語っていた。つまり、チーム全体の、守備に対する意思疎通、コミュニケーションが足りなかった、ということだ。

「確かに"なあなあ"の部分は(チーム内に)あったと思います。アジアでの戦いでは、相手が肝心なところでパスミスとかトラップミスをしてくれたので、大事には至らずに済んだ。本当は、そういう部分を"なあなあ"にしないで、突き詰めて(問題を)解消しておけば良かったんだけど、(結果的には)やられていないので(問題にもしないで)OKにしてしまった。そういうところを、コンフェデのときのブラジルや、(8月の)ウルグアイに突かれて失点が増えていった。

 その反省から(9月の)合宿中は、しっかり声を出すとか、当たり前で基本的なことをおろそかにしないで、90分間やっていこうとみんなで話し合っていたんです。それは、まあまあできたと思うけど、フリーになった敵に対して、誰がマークにいくのかとか、言葉が足りない部分もあった。メンタル面を含めて、以前のようにはまだできないですね」

「以前のようにはできない」――。今野の放ったその言葉が気になった。それは、いったいどういうことなのか。そして、いつ頃からなのか。

「(2011年1月の)アジアカップとか、(2012年10月の)欧州遠征でフランスやブラジルと戦っていた頃は、自分なりに(成長の)手応えが感じられたし、代表でプレイすることがすごく楽しかったんです。海外組の選手たちと絡んでいいプレイができていたし、自分たちのサッカーができたときは、強豪相手にもいい試合ができるんだって思えた。

 それが今年、コンフェデを3連敗で終えて、仕切り直しと位置づけたウルグアイ戦で(DF)ラインのギャップを突かれてズタズタにされ、何もできずに4失点した。あれは、本当にショックだった。それ以来、なんかプレッシャーしか感じなくなってきたし、(自分のプレイに対する)自信がグラついて、以前のように代表(でプレイすること)を楽しめなくなってきたんです。本当は、あの(9月の)2試合で開き直ってプレイし、モヤモヤした気持ちを吹っ切りたかったんだけど、そこまでには至らなかった。まだ(自分は)崖っぷちに立っている感じですね」

 DFは、どんな相手でも失点をゼロに抑えるなど結果を出せば、多少なりとも自信を回復できるはずだ。しかし、明らかに格下のグアテマラや、主力不在のガーナ相手では、満足できなかったということなのだろう。

 そういう意味では、今回の欧州遠征で対戦するセルビア(現地10月11日)とベラルーシ(現地10月15日)は、世界的な強豪とは言えないまでも、力試しには絶好の相手である。アウェーという舞台設定も悪くない。今野は、この2試合をどう位置づけているのだろうか。

「めちゃくちゃ大事な試合です。それぞれ力のあるチームだし、アウェー戦ですから。そういう試合を(失点)ゼロに抑えて、なおかつ内容のともなったいい守備ができれば、自信を回復できると思う。そして、次の(欧州遠征の)オランダ戦(現地11月16日)につなげていきたい。

 あと、やっぱりただ試合をこなすのではなく、自分たちのサッカーというか、前から仕掛けて、ラインをコンパクトにして、中盤で(敵の)ボールを奪い切るとか、そういう狙いのあるサッカーにチャレンジしたい。そこで、何が良くて、何がダメだったのか。それをしっかり見極めて、課題を持ち帰りたいと思っています。自分たちのサッカーをせずに負けてしまうということだけは、絶対にしたくないですね」

 課題を見つけ、修正する。それは、チ−ム強化のために欠かせない作業だ。だが、ブラジルW杯の開幕(2014年6月12日)は刻々と近づいている。チ−ムの完成度を高めるための時間は決して多くないが、現時点で日本代表はどれほど仕上がっているのだろうか。

「う〜ん、自分の感覚では、W杯最終予選3試合をこなした昨年6月の頃と(チームの完成度は)変わっていない。あの時点で、70、80%くらいだったかな......。でも、これからだと思うんです。

(2011年の)アジアカップで優勝したときは、初戦のヨルダン戦に引き分けて(ザッケローニ)監督にすごく怒鳴られた。そこで、ミーティングを開いて、『(選手たちは)やるしかない』って感じになって、チームがひとつになった。で、勝ち続けることで、(チームは)成長していった。最終予選に臨むときも、その前の3次予選で北朝鮮やウズベキスタンに敗れて、みんなが『オレらはまだまだ』と思い知らされた。危機感を持てたことでいい準備ができたし、いいスタートが切れて、グッとチーム力が上がった。

 現状は、コンフェデやウルグアイ戦で負けて(チームの)調子は落ち気味だけど、それを乗り越えられるかどうかが、今の代表に問われていることだと思うんです。アジアカップや最終予選のときのような自信を取り戻せるのか、チャレンジしていきたいと思います」

 力強く、今野はそう言った。

 危機を乗り越えて、自信につながる手応えをつかみたい――。今野の言葉からは、その強烈な思いが伝わってくる。セルビア戦からはじまる、10月、11月の欧州遠征4試合。はたして今野は、強いメンタルで立ち向かっていた頃の自分を取り戻すことができるだろうか。

佐藤 俊●文 text by Sato Shun