完売続出。『テニスの王子様』ミュージカル10周年記念イベント盛況

写真拡大 (全11枚)

ミュージカル『テニスの王子様』(通称「テニミュ」)の舞台化10周年を記念した期間限定ショップが伊勢丹新宿店本館2階TOKYO解放区にて10月9日よりオープンしている。15日まで。

ショップでは、”テニミュ”初となるファッションブランド「ビューティフルピープル(beautiful people)」とのコラボレーションや、主人公「越前リョーマ」が所属する青春学園=青学(せいがく)を始めとした各学校カラーをモチーフにしたオリジナルコラボグッズの販売の他、「ミュージカル『テニスの王子様』全国大会 青学vs氷帝」公演の舞台写真のパネルの展示・販売が行われる。

会場は、各キャラクターとキャストのビジュアルがリンクする装飾が施されておりテニミュの世界観を表現。各キャストのサインが書かれたパネルや、ミュージカル『テニスの王子様』10年の軌跡も展示されている。

初日は開店と同時に多くのテニミュファンが来店。各キャラクターやキャストの展示パネルを撮影したり、コラボグッズをまとめ買いするなど、10周年記念イベントを楽しむファンの姿が目立った。今回、初コラボとなるビューティフルピープルはオリジナルパーカーが用意されたが、初日で完売となった。また、作品に登場する青学、氷帝、立海、比嘉の校章付きのトートバッグや、ボトルケース、クラッチバッグ、フォトスタンドなど、このイベントのみのオリジナルグッズも多数展開。それぞれ受注販売でフォトスタンドは11月中旬、それ以外のアイテムは12月初旬受け渡し予定(一部完売アイテムあり)。

ミュージカル『テニスの王子様』は『週刊少年ジャンプ』(集英社刊)で連載されていた漫画『テニスの王子様』(通称「テニプリ」)を舞台化した作品で通称「テニミュ」と呼ばれる。2003年春に初上演、2010年より2ndシーズンがスタート、今年、2013年には10周年を迎えた。今年はテニミュ10周年のアニバーサリー・イヤーとして、期間限定ショップ以外にも様々な企画が進行中。現在までに公演数は1,000回を超え、累計動員数は160万人を超える作品となっている。

(C)許斐 剛/集英社・NAS・新テニスの王子様プロジェクト

(C)許斐 剛/集英社・テニミュ製作委員会