式秀親方“また”キラキラ四股名考案、今度は「宇瑠虎太郎(うるとらたろう)」

写真拡大

大相撲・式秀部屋は10日、角界最軽量61キロの序二段・桜潮(おうしお)の四股名を「宇瑠虎太郎(うるとらたろう)」に改名すると発表した。

【関連:ももち、力士の四股名に採用される―大相撲に「桃智桜」誕生】

式秀部屋


今回の名づけ親も勿論、式秀親方。つい先日、序ノ口・式乃川がアイドルグループBerryz工房の“ももち”こと嗣永桃子さんのファンであったことにちなみ「桃智桜 五郎丸(ももちざくらごろうまる)」に改名させ世間を驚かせたばかり。

桃智桜に宇瑠虎太郎と、式秀親方が付けるこうした変わった名前は、ネット上ではキラキラネームに絡め既に「キラキラ四股名」と呼ばれている。
なお、今回の四股名に込められた理由は「ウルトラマンタロウに因んで、ウルトラ相撲を取り3分間全力で土俵上で動き回ってほしいという願いを込めて付けました。」と発表されている。

「宇瑠虎太郎」名での登場は11月10日初日の大相撲九州場所から。

参考:式秀部屋Twitter / 式秀部屋Facebook