写真提供:マイナビニュース

写真拡大

JTB関東とやまなし観光推進機構は、山梨県の観光による地域活性化を目的として、勝沼地区のワイナリーを活用した日本初となる回遊式のタクシー「やまなしワインタクシー」を企画。運行は山梨県タクシー協会峡東支部が担う。

○ひとり3,000円で無料試飲の特典も

勝沼地区のワインは海外での評価も高く、ワイナリー巡りは観光素材として注目されている。しかし、ワイナリーは点在しているため、「公共交通機関では行きづらい」「長時間歩く」「車で回る場合は運転手が試飲できない」「大型バスが通れない」などの課題を抱えていた。

そこで今回、日本初となる乗降自由なタクシーの運行を開始した。JR石和温泉駅を起点に、乗降ポイントとなる4カ所のワイナリーを約15分ごとにタクシーが巡回し、乗り合いバス感覚で乗車することができる。

運行日時は、10月〜1月の土・日・祝日(10月20日、11月9日・10日、12月28日〜1月5日を除く)の12時15分〜16時30分(土曜日)、9時30分〜13時45分(日曜・祝日)。運行ルートは、JR石和温泉駅〜白百合醸造〜蒼龍葡萄酒〜勝沼醸造〜中央葡萄酒〜白百合醸造〜JR石和温泉駅。

料金はひとり3,000円(予約制、大人・小人同額)で、タクシー乗り放題のほか乗降ポイントの4カ所のワイナリーでは500円の有料試飲が無料になるなどの特典を用意する。

また、ワイナリー巡りに便利な石和温泉では「石和温泉BYOキャンペーン」を実施。購入した山梨県産のワインを夕食時や部屋に持ち込んで楽しむことができる。持ち込み料はワイン1本につき500円で、オープナーやグラスを用意するほか、冷やすなどの要望にも対応する。

(フォルサ)