写真提供:マイナビニュース

写真拡大

JR東日本・JR西日本は10日、2014年度末に金沢駅まで開業する北陸新幹線の新たな列車名を発表した。列車名に関しては今年5月31日から6月30日まで、特設サイトなどを通じて一般公募が行われていた。

東京〜金沢間の運行体系に関しては、4タイプの列車を運転することがすでに発表されており、列車のタイプごとに別々の列車名が設定されることに。東京〜金沢間直通列車(速達タイプ)の列車名は「かがやき」、東京〜金沢間直通列車(停車タイプ)は「はくたか」、富山〜金沢間運転列車(シャトルタイプ)は「つるぎ」に決まり、東京〜長野間運転列車(現長野新幹線タイプ)は引き続き「あさま」となった。

「かがやき」はかつて、北陸本線・信越本線経由で金沢〜長岡間を走る特急列車の名称でもあった。今回の選定理由について、「輝く光がスピード感と明るく伸びていく未来をイメージさせるため」とされている。

「はくたか」は現在、ほくほく線(北越急行)経由で金沢〜越後湯沢間を結ぶ特急列車に使用される列車名で、「スピード感があり、首都圏と北陸をつなぐ列車として親しまれている」ことが選定理由となった。

「つるぎ」はかつて大阪〜新潟間で運行された寝台特急の名称であり、富山県の立山連峰にある剱岳(つるぎだけ)が由来だった。今回の選定理由も、「かつて北陸〜関西を結んだ列車としてなじみ深いため」と説明されている。「あさま」も浅間山に由来する列車名で、「長野への新幹線として親しみやすくわかりやすい」ことから、北陸新幹線金沢開業後も東京〜長野間の列車に使用されることになった。

今回の発表では、一般公募の結果も一部公表されており、応募総数は14万4,931件、応募された列車名は1万1,672種類に及んだという。応募数の第1位は「はくたか」で9,083件。新たに選定された列車名のうち、「つるぎ」は第4位(4,906件)、「かがやき」は第5位(4,123件)だった。「あさま」は第7位(3,281件)。なお、賞品当選者の発表については、「賞品の発送をもって代えさせていただきます(11月を予定)」とのこと。