写真提供:マイナビニュース

写真拡大

JR北海道函館支社は11月9・10日、青函トンネル竜飛海底駅を見学できる最後のチャンスとして、函館駅発着の「竜飛海底駅・青函トンネル記念館見学ツアー」を開催する。

竜飛海底駅は、北海道新幹線開業に向けた工事などを理由に、吉岡海底駅(現在休止中)・知内駅とともに2014年3月をもって営業終了が決まっている。ただし、竜飛海底駅の見学に必要な「海底駅見学整理券」の今年度の発売は11月10日で終了するため、一般の立ち入りは同日が最後となる。

このほど企画されたツアーは各日2コース。Aコースは函館駅8時08分発の特急「スーパー白鳥22号」に乗車。竜飛海底駅を約40分間見学した後、ケーブルカーで青函トンネル記念館に移動し、同館を約1時間40分見学する。その後、再び竜飛海底駅を約40分間見学し、「スーパー白鳥15号」で函館駅に戻る。同駅到着時刻は13時44分。

Bコースは函館駅10時17分発「スーパー白鳥26号」に乗車。竜飛海底駅に到着した後、ケーブルカーで青函トンネル記念館へ移動し、約60分間見学。その後、竜飛海底駅に移動して約60分間見学し、「スーパー白鳥19号」で函館駅へ。同駅到着は14時58分。

募集人数は各日80名(各コース40名ずつ)。最少催行人数は各コース25名。旅行代金は大人9,900円、小児6,700円。木古内駅発着の設定もあり、その場合は500円引きとなる。希望者は往復はがきで、「JR北海道函館支社販売グループ」宛に申し込む必要があり、10月15日締切(当日消印有効)。申込み多数の場合は抽選となる。

(佐々木康弘)