「異例」の再掲載を決定

写真拡大

品薄状態の月刊ARIA11月号に掲載されていた、「進撃の巨人」の人気キャラクター・リヴァイ兵長に焦点をあてた外伝のプロローグについて、同編集部は2013年10月8日、次号での再掲載を告知した。

編集部公式ツイッターアカウントで発表

「【再掲載のお知らせ】ARIA11月号が売れ行き好調のため手に入りにくくなってしまい大変申し訳ありませんでした。編集部では読者の皆様への対応を検討しARIA12月号で『進撃の巨人 悔いなき選択プロローグ』を再掲載することといたしました。これからもARIAをよろしくお願いいたします」(編集部ツイッター公式アカウント)

ARIA 11月号は2013年9月28日に発売された。別冊少年マガジンで連載中の「進撃の巨人」(諫山創さん)からスピンオフした「進撃の巨人 悔いなき選択」(作画:駿河ヒカルさん、脚本:砂阿久雁さん<ニトロプラス>)のプロローグが掲載されている。このスピンオフは"王都のゴロツキ"リヴァイと調査兵団のエルヴィンの出会いを描くもので、本格連載は11月28日発売のARIA 2014年1月号から始まる。

今回掲載されたのはあくまでプロローグだが、買い求めるファンが殺到。各書籍通販サイトは軒並み発売当日に「在庫切れ」となり、店頭での品切れ報告もツイッターで続出した。プレミアがつき、定価650円のところアマゾンでは一時中古で2000円を超えていた。

ARIA編集部公式ツイッターアカウントはファンからの問い合わせに対して9月30日、重版の可能性はないことを明らかにしていた。