【アニメ】「東京レイヴンズ」第1話「陰陽師」(ネタばれ注意)

写真拡大

●SHAMAN*CLAN -約束-

(画像:「AT-X」公式Webサイトより)
©あざの耕平・すみ兵/富士見書房/東京レイヴンズ製作委員会

<キャスト>
土御門春虎:石川界人
土御門夏目:花澤香菜
阿刀冬児:木村良平
北斗:金元寿子
大蓮寺鈴鹿:佐倉綾音
コン:豊崎愛生
倉橋京子:喜多村英梨
百枝天馬:下野紘
大友陣:遊佐浩二
木暮善次郎:高橋伸也
鏡伶路:吉野裕行

●ストーリー
『ぼく、シキガミになる。ずっと一緒にいて、ずっと護ってあげる』
それは遠い昔の約束。彼がまだ“将来”の意味を知る前の――。

霊的災害<霊災>が多発し、陰陽師たちが活躍する現代。
土御門春虎はトコトン運の悪い少年だった。陰陽師の名門に生まれながら才能はからっきし。この16年の人生で、死にかけた回数12回。そしてある夏の日、極めつきの受難が、彼の前に訪れる。

「久しぶりです――春虎君」

土御門家次代当主である幼なじみの少女、夏目。
彼女との再会が、春虎をかつて見た“将来”へ――波乱に充ちた“未来”へと導き始める!
●土御門春虎と北斗
夏休みの補習の時間、土御門春虎の携帯電話に着信が入ります。

その着信の相手先は北斗。

北斗「春虎!なんで僕の着信、無視したんだよ!」

北斗は可愛いけれど極めてがさつな少女。そんな彼女が土御門春虎に対する口癖は、

北斗「春虎、陰陽師を目指すんだよな!」

確かに土御門春虎は陰陽師の家系ではありますが、分家筋であるうえに自らの才覚の無さから彼自身は諦めています。

そんな彼とかき氷を食べながら楽しそうに話す北斗の嬉しそうな表情と言ったら…。
●土御門夏目
土御門春虎「今年は3人か…。」

友人の阿刀冬児と別れ、一人ぼんやりと歩道橋の上で虚空を眺める土御門春虎。今度の夏祭りの事を考えていると…。

土御門春虎「夏目!東京にいるはずじゃ。あっ、夏休みか!」
土御門夏目「お久しぶりです、春虎君!」

土御門夏目、彼女は土御門の本家の家系で次期当主と目される存在。普段は東京にいるのですが夏休みのため、やってきた模様。そして彼女は陰陽師として土御門春虎を式神とする予定ですが…。

土御門夏目「私が一人で守ってみせる!」

彼女は何処か寂しそうでもあり…。
●夏祭り
北斗「お待たせ!」

彼女は浴衣姿でいつになく色っぽい感じ。しかし、喋るといつもの彼女に戻ってしまいます。彼女と土御門春虎、阿刀冬児で夏祭りの屋台巡り。

そこで彼女は土御門春虎に射的の景品をせがむも、1,000円以上つぎ込んでも取れず。しかし、北斗が耳元で囁くと…。

北斗「あれ、取ってくれたら…。キスしてあげる。」

偶然にも景品GET!彼女は欲しかったのは景品(シャボン玉セット)の箱についていたリボンだったみたいですが…。

その後、北斗はとぼけてしまいます。
●大蓮寺鈴鹿
突如現れた金髪の美少女、大蓮寺鈴鹿。

大蓮寺鈴鹿「ねえ、そこの天才児!私の実験に付き合ってくれない?土御門夏目。」

と阿刀冬児を指差す彼女。しかも隣にいるのは土御門春虎であり…(土御門夏目は先日出会った本家の少女の事です)。

大蓮寺鈴鹿の目的は『泰山府君祭』を行うこと。それは死者の魂を呼び戻す呪術なのですが…。

泰山府君祭は禁呪とされ、それの使用は重大な違法行為。その為、彼女は呪術捜査部から捕縛されそうになります。ところが彼女はその陰陽師の呪術により追撃を逃れ…。

そこに北斗がやってきて、何と北斗の目の前で大蓮寺鈴鹿は土御門春虎とキス!

「東京レイヴンズ」、次回もよろしクゥ〜ン♪(佐々木未来さん主演のTVアニメ「しばいぬ子さん」風ですね!)


【ライター:清水サーシャ】


【関連記事リンク】
【アニメ】「てーきゅう」第24話「こんどうどん」(ネタばれ注意)
▼外部リンク

「東京レイヴンズ」TVアニメ公式Webサイト
「東京レイヴンズ」AT-X公式Webサイト