杉原杏璃
7日放送の日本テレビバラエティ番組「有吉ゼミ」で、グラビアアイドル杉原杏璃が株式投資に並々ならぬ情熱を注ぐ私生活を公開した。

杉原は現在31歳と、グラビアアイドルとしてはベテランの部類に入る年齢。週刊誌や漫画雑誌の表紙やグラビアに頻繁のように登場してはいるものの、その年収は200万円程度だという。しかし、番組で公開された杉原の自宅は3LDKで、リビングは15畳の広々としたもの。さらに部屋にはインテリアとして高級家具やシャンデリアが配置されており、その家賃は月21万円だという。グラビアの収入だけではまかなえないであろう贅沢な暮らしをしているようだ。

その暮らしの秘密は、杉原がサイドビジネスとして行なっている株式投資にあったようだ。杉原は「これも株で勝った時に買いました」などと、自宅の高級家具を株の利益で購入していることを明かしている。インタビュアーが「これまでに株で儲けた額」を尋ねると、杉原は「1,000万円くらいかな」と答え、グラビア以外で荒稼ぎしていることを告白している。

杉原は、毎日株価の動向をつかむことにかなりの時間を割いているという。1時間ごとに株価をチェックし、値動きをノートに記録するなど、株価が上がるタイミングを掴むことに全力を注いでいるようだ。8年前に20万円の資金で株をはじめ、独学でコツコツ投資してきたという杉原。現在はその成果もあらわれてきており、株に使う資金は数百万円にまで膨れ上がっているという。

そんな杉原が、大きな勝負として注目したのが「東京オリンピック招致」に関わる企業の株価。東京五輪決定前に行われた取材では、「東京だったら、どの株でも上がると思うんですよね」「気分なんですよね。人のバイオリズムで株は成り立っている」と説明し、オリンピックがもし東京に決まれば、それを契機に上昇すると思われる株への投資を目論んだのである。番組では、杉原がインターネットで建設会社の株を購入する模様を公開。その投資金額はグラビアの年収と同程度の200万円だった。

9月8日の午前5時、自宅のテレビで東京五輪決定を確認した杉原は、午前9時に東京証券取引所が開くと株価を確認。投資した1株1,400円の建築株は、1,533円まで高騰したという。結果、杉原は株の売却で19万円を儲け、そのお金で大型液晶テレビを購入している。

一連の投資の様子をVTRで見た司会の有吉広行は、杉原に向かい「あんな気持ちで見てたのね、あの場面を…」とややあきれ気味で感想を語っている。一方の杉原は「やっぱ必死ですよね。自分の財産もかかってますから」と話し、株式投資への熱は冷めない様子。グラビアで活躍しながらも、その収入と同等の金額が動く株式投資の魅力には、逆らいがたいものなのだろう。本業に支障がでないよう、株で大きな失敗だけはしないことを願いたい。

【関連情報】
風間俊介、坂上忍、杉原杏璃らがゲスト『有吉ゼミ』2時間SP!元木大介のラーメン屋に密着
韓国人が選んだ「アジア最強の女神」、杉原杏璃と橘梨紗がランクイン―中国メディア
杉原杏璃「彼氏に盗撮されたのも、首都高への置き去りプレイも、すべて実話です」
人気デュオ19(ジューク)の岡平、自社ビルを建てるまでに成功していた