2年に一度開催される米国選抜と世界選抜(欧州国籍の選手を除く)とのチーム対抗戦、プレジデンツカップが10月3日から6日までミュアフィールドビレッジGC(オハイオ州)で開催された。大会は、米国選抜が通算18.5得点を挙げて、通算15.5得点の世界選抜を撃破。5大会連続8度目の勝利を飾った。

 日本人選手で唯一世界選抜メンバーに選出され、その活躍が期待されていた"大物ルーキー"松山英樹は、フォアボール(2試合。各チームのペアふたりの良いスコアで競うマッチプレイ)、フォアサム(2試合。各チームのペアふたりがひとつのボールを交互に打って競うマッチプレイ)、シングルス(1試合。マッチプレイ)の全5試合に出場。1勝3敗1分けという結果に終わった。

 慣れないゲーム方式にうまく対応できなかった面もあっただろうが、チームの勝利に貢献できなかった松山は、不満の色を隠さなかった。

「(世界選抜キャプテンのニック・プライスには)『よくやった』と言われましたけど、(ペアを組んだ)アダム・スコットの足を引っ張りまくったので、自分の採点としては、50点もいっていない。それ以下です。結果的に負けが3つもついてしまったし、(試合では)楽しい思いはまったくできなかった。これが(今の自分の)実力。まだ、こういう舞台でやるのは早いんだな、と思いました。アダム・スコットは、決して調子は良くなかったけれども、その中ですごくいいプレイをしていた。改めて、レベルの差を感じた。特にショートゲーム。150ヤード以内の精度は、どの選手を見ても極めて高かった。自分のようなミスをしている選手はひとりもいなかった。そこは、練習していかなければいけないと思いました」

 とはいえ、初めて挑戦した栄えある舞台で、松山は随所に見せ場を作った。第1戦のフォアボールでは、最終18番のセカンドショットをピンハイ50cmにピタリ。バーディーを奪って、土壇場でオールスクエア(引き分け)とし、0.5ポイントをチームにもたらした。松山の奇跡的なショットには、世界選抜キャプテンのニック・プライスも手放しで称えた。

「ヒデキとアダムの終盤の戦いぶりは素晴らしかった。特に、ヒデキの18番の第2打は今日一番のショットだった。最高のチームプレイを見せてくれた」

 そして第2戦のフォアサムで、アダム・スコットとのコンビで米国選抜のジェイソン・ダフナー&ザック・ジョンソン組を下した松山は、第3戦のフォワボールで再びアダム・スコットと組んで、米国選抜のタイガー・ウッズ&マット・クーチャー組という最強ペアに挑戦。そこでも、圧巻のプレイを披露した。

 不調のアダム・スコットをカバーして、孤軍奮闘した松山。10番を終わった時点では1アップとリードした。ところが、激しい雨によって中断すると、再開後は一気に米国選抜が流れをつかんだ。15番終了後には2ダウンとリードを許してしまうが、米国選抜が勝てば決着がつく16番パー3。ここで、松山が見せた。上からの5mのバーディーパットを見事に沈めて食い下がったのだ。

 結局、最後は米国選抜の1アップで敗れるも、最強ペアにも動じない松山のプレイぶりは光っていた。タイガー・ウッズも、そんな松山の姿に目を細めた。

「序盤は(世界選抜に)リードを奪われてしまったが、うまく流れを取り戻すことができた。16番で、ヒデキが長いパットを沈めて、最後まで面白いゲームになった」

 その後、4戦目のフォアサム、5戦目のシングルスは早々に力尽きてしまったが、松山という存在は、世界のトッププレイヤーの間で認知され、アメリカの多くのファンにも知れ渡った。

 シングルスで松山と対戦した米国選抜のハンター・メイハンが言う。

「マツヤマのことは何も知らなかったけれども、(米国選抜の)みんながマツヤマは信じられないほどのいいショットを打っていると教えてくれた。それを踏まえて試合に臨んだ。そういう意味でも、マツヤマに勝てた自分のプレイにはとても満足している」

 4試合でペアを組んだチームメイトのアダム・スコットも、松山の堂々たるプレイぶりを称賛した。

「ヒデキは、リョウ(石川遼)とともにアジアのゴルフの将来を担っている。特にヒデキは昨年からすごくいいプレイを続けてきたし、今週も素晴らしい戦いを見せてくれた。きっと、ヒデキは今日(シングルス)の負けでがっかりしているかもしれないけど、彼の未来は明るい。この1週間、非常に頼もしいパートナーだったし、今後かなり強い選手になっていくと思う」

 世界選抜の副キャプテンを務め、松山をサポートしてきた丸山茂樹は、今大会の松山についてこう振り返った。

「練習ラウンドを含めて、(松山の)この1週間の戦い方はとても素晴らしいものだった。非常にクオリティーの高いレベルの中で、21歳という若さでこれだけ戦えたのは、立派。"感心"のひと言です。もう少しチャレンジしてほしい部分もあったけれども、初日の朝の一発目から強烈な球を打っていたし、この舞台であれだけのスイングができるのはすごい。また、今大会を通して、これだけの選手たちと仲良くなれたのは大きいですよ。これからのPGAツアー(米ツアー)の生活の中で、すごく役立つと思う。足りない面を補っていけば、(米ツアーでも)すぐに勝てるだろうし、がんばってもらいたい」

 松山にとって、初めてのプレジデンツカップは不本意な結果に終わったかもしれない。しかし、今後に向けて「いい経験になった」(松山)ことは間違いない。松山が語る。

「今回、学んだことはいろいろとあった。悔しい思いもしましたけど、今までにない経験をしたのですごくよかった。あとは、これからも(この経験を糧にして)、アメリカでいいプレイができるように練習するだけ。そして、2年後の(プレジデンツカップの)メンバーに選ばれるようになりたい。それが第一の目標ですが、その際、文句なしに『こいつは(世界選抜に)選ばなければいけない』という存在になっていないといけないと思う。そこを目指してがんばっていきたい」

 米ツアーは早くも、10月10日から(フライズドットコムオープン/10月10日〜13日)新シーズンが開幕する。プレジデンツカップで世界トップレベルの空気を体感し、さらなるスケールアップが見込める松山英樹の躍進に期待したい。

武川玲子●協力 cooperation by Takekawa Reiko
text by Sportiva