昔は聖飢魔IIのジャギ古川、現在は保険マンモス(株)の代表取締役を務める古川徹(ふるかわとおる)さん。

写真拡大

 めちゃくちゃ売れてるマネー誌「ダイヤモンドZAi」の単行本シリーズ『保険は三角にしなさい!〜生命保険で500万円トクする魔法〜』の著者、古川徹氏は独立系FPが保険相談に応じてくれるということで、今注目を集める保険相談サイト「保険マンモス」の社長だが、何と古川社長、学生時代は一世を風靡したあの伝説のロックバンド、「聖飢魔II」でドラムをたたいていたという異色の経歴の持ち主なのだ。

 一流ミュージシャンへの道を捨て、全く別世界である保険の世界に飛び込んだ古川社長が、9月16日フジテレビ放映の「転職DE天職」に出演したそうだ。一見おかたい保険の情報サイトを立ち上げた敏腕社長の隠された意外な過去や、保険相談サイトを立ち上げるまでの紆余曲折を聞いた。

 まずはその前編をご覧いただこう。

就活直前にグループを脱退したワケ

――スーツ姿が決まっている現在のお姿からは想像もつかないですが、聖飢魔IIの三代目ドラマーとして活動していたそうですね。

 実はそうなんですよ(笑)。聖飢魔IIに入ったのは、世を忍ぶ仮の姿で大学3年の時(※古川氏は現在『人間』ですが、当時は『悪魔』でした)。ジャギ古川としてドラムをたたいていました。写真もありますよ。

――今のお姿とのギャップがすごいですね。聖飢魔IIに入られたのはどういうきっかけだったんですか?

 もともと別のバンドでデーモン閣下の手伝いをしたことがあって、そのつながりで参加させてもらうことになったんです。ただ私自身はロックよりフュージョンやジャズの方が好きだったんで、閣下にも「こんなのは音楽じゃない」とか、若気の至りで随分生意気なことを言ってました(笑)。

――聖飢魔IIはデビュー後早くに有名になりましたよね。

 CBSソニーのオーディションに聖飢魔IIが合格して、それなりの広告費が投入されてデビューしましたから、売れるっていうのはある程度予測できたんですね。デビューした当初から、日比谷の野外音楽堂や代々木のスポーツフェスなど、かなり大きな会場で黒ミサ(ライヴのようなもの)をやらせてもらえました。CDデビュー前でしたが、いい体験させてもらえて、ラッキーでしたよね。今でも感謝しています。

――その頃からプロのミュージシャンを目指していたんですか?

 プロを目指していたかといえば、間違いなく目指していましたね。ただし、活動中も「プロとして本当に通用するのか」と、いつも迷ってました。そもそもやりたかったのはジャズだったから、ロックバンドとしてパフォーマンスをすることにも迷いがあったんですよね。ジャズは一般にスティックを回さないですけど、ロックだと回すことが必要な場面がありますよね(笑)。

 でも、デーモン閣下と一緒にやれたのはいい経験でしたね。聖飢魔IIって、1つの黒ミサが完成されたエンターティンメントショーになっているんですよ。曲の紹介もちゃんとストーリー仕立てになっていて、説明しながら観客の笑いも取れる。それでバシッと演奏が始まって、みたいなね。私が言うのはなんですが、閣下はすごくクレバーで、才能がある人だと思います。

――そんな聖飢魔IIを数カ月で辞められたのは、どういう理由からだったんですか?

 やっぱり自分の音楽の才能に迷いがあったからです。努力を継続することには一定の自信がありましたが、音楽そのものの才能には正直自信が持てなかった。自分が「自分の才能を信じてやることができない」とやれないですよね。短い期間でしたが、聖飢魔IIでの活動の中で、自分が尊敬するようなプレーヤーのステージや練習する姿をみることが出来たことは大きいですね。一流の方は、「音楽の才能+とてつもない努力」、でできていると認識しましたね。一流の方との違いを思い知ったときに、自分のレベルを客観的に判断することができしっかりと「けり」がつきました。ちょうど就活にもギリギリの時期だったので、世を忍ぶ仮の大学4年の10月に辞めました。。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)