写真提供:マイナビニュース

写真拡大

タリーズコーヒーは7日、東京都台東区の隅田公園内に「タリーズコーヒー 隅田公園店」を開店した。

○限定コーヒー「リバーサイドブレンド」も提供

同社初の公園内出店となる同店は、隅田川に面した場所にあり、都内では初めての河川敷地にオープンするカフェ。川の対岸には東京スカイツリー、公園側には春の満開の桜が楽しめる並木があり、眺望の良さを特徴とする。

東京都が地元区等と連携して設置した「隅田川ルネサンス推進協議会」では、江戸の華であった隅田川の賑わいを現代に生まれ変わらせ、新たな水と緑の都市文化を未来につなぐ取組を推進しており、同店は同取組の一環としてオープンする。

店舗は桜並木と調和する木造建築で、店舗横の桜は店内から眺めることができる。また「誰でもトイレ」やAEDを設置し、Free Wi-Fiサービスを利用可能。デジタルサイネージで観光情報を放映するほか、「災害時帰宅支援ステーション」にも登録した。

また同店の限定メニューとして、「リバーサイドブレンド」(300円〜)を提供。リッチな苦味の中に華やかな香りをもったコーヒーで、川の流れのように穏やかに感じる、ほのかな酸味と後味の甘みが特徴という。その他、同店限定の和柄風デザインタンブラーなども用意する。

場所は東京都台東区花川戸1-1 隅田公園内。席数は12席(全席禁煙)。営業時間は9時〜21時。詳細は「タリーズコーヒーのプレスリリース」で確認できる。

(エボル)