「オブリビオン」BD&DVDで2冠、映画部門ランキングで同時首位獲得。

写真拡大

トム・クルーズ主演のSFアクション映画Blu-ray Disc(以下BD)「オブリビオンブルーレイ&サントラ・ショートエディションCD(eCOPY付き)初回生産限定」(10月4日発売・ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメント)が、発売初週で1.5万枚を売り上げ、今週10月14日付けのオリコン週間BDランキング(集計期間:2013年9月30日〜10月6日)で初登場総合首位を獲得。同時発売のDVD「オブリビオンDVD(サントラ・ショートエディションCD付き) 初回生産限定」も発売初週で0.9万枚を売り上げ、同日付オリコン週間DVDランキングの映画部門首位に初登場(総合3位)。BD・DVDともに映画部門同時首位獲得の2冠を達成した。

また、トム・クルーズにとってBDランキング総合首位獲得は、2012年5月14日付けで記録した「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコルブルーレイ+DVDセット」(2012年4月発売)以来1年5か月ぶりとなった。

本作は、「トロン:レガシー」のジョセフ・コシンスキー監督と、「猿の惑星:創世記」のプロデューサー陣がタッグを組んだ近未来SFアクション作品。2077年、エイリアンの攻撃により全滅した地球に一人残って監視を続けていたジャック(トム・クルーズ)が、宇宙船で眠っていた美女ジュリア(オルガ・キュリレンコ)の正体と、自らの過去の記憶を辿りながら地球の運命に立ち向かうストーリーが描かれる。

ディスクには本編をPCや携帯端末にダウンロードできるeCOPY付きで、特典には未公開シーン、メイキング映像ほか収録。なお、初回生産限定版には、フランスのミュージシャン、アンソニー・ゴンザレスによるソロプロジェクト・M83によるサウンドトラック・ショートエディションCDが同梱されている。