【アニメ】「のんのんびより」第1話「ここは田舎なの?」(ネタばれ注意)

写真拡大

●転校生が来た

(画像:「AT-X」公式Webサイトより)
©2013 あっと・メディアファクトリー/旭丘分校管理組合

<キャスト>
宮内れんげ:小岩井ことり
一条蛍:村川梨衣
越谷夏海:佐倉綾音
越谷小鞠: 阿澄佳奈
宮内一穂:名塚佳織

●ストーリー
全校生徒たった5人の「旭丘分校」。
雪解けとともに芽吹き春の足音が聞こえる山里で
相変わらずまったり過ごす少女たち。
山菜を採ったり、お花見したり、お魚も釣ってみちゃったり・・・。
彼女たちの新しい季節の楽しみ方に触れ、
子供の頃の懐かしさを再発見できるかもしれません・・・。
●リコ○ダーとラ○ドセル?
リコーダーを演奏しながらあぜ道を歩く小学1年生、宮内れんげ。目の前を横切る牛を見ながら彼女はこう考えます。

宮内れんげ「うち、田舎に住んでるの?」

※間違いなく無く田舎です!但し、彼女はその現実を認識していません。
●転校生が来た
越谷夏海「楽しいのは最初だけだよ!」

小学1年生になったばかりで希望に溢れる宮内れんげに対して学校生活の厳しい現実を教える越谷夏海。そして2時間に一度しかないバスに駆け込んで乗る2人と越谷小鞠(越谷夏海の姉)。

宮内れんげ「今日は何かが違う!」

それは転校生が来る日だから。

一条蛍「一条蛍、小学5年生です。」

ちなみに一条蛍、小学5年生にしてはかなり大人びています。中学2年の越谷小鞠より年上に見えるくらい。

教室は小学1年から中学3年まで同じクラス。彼女を含めて全部で5人。

そのため授業は基本的に自習のみ!

※田舎というより極端に生徒数が少ない分校ではありえる話です。ちなみに田舎では家に鍵を掛けないというのは割と一般的なようです。
●ここは田舎なの?
牛や猪、狸が時折やってくる村落。

宮内れんげ「夏っちゃん、もしかしてここは田舎なの?」

学年が違うのに同じクラス、動物多数出没、そして自動車で時速50kmで走れば1時間後に50km先に移動出来る(都会だと赤信号で停まる事が殆どだから無理)。

越谷夏海「うちが住んでるのに田舎のわけない!」

※その発言が既に田舎の発想です!
●桜餅
その日の給食の桜餅、それを食べずに持ち出す4人。そして裏の丘に登り、のんびりと景色を見ながら桜餅を食べる。そのひとときがたまらなく楽しい。

しかし、のんびりしすぎて帰りのバスに乗り遅れる!

一条蛍「次のバス、いつ来るんですか?」
越谷小鞠「2時間後。」
一条蛍「えっ!」


※驚くのは無理ありません。

越谷夏海「不便だよね〜。田舎のバスって!」
宮内れんげ「(田舎という単語に対して)はっ!やっぱり!」

「のんのんびより」、次回もよろしクゥ〜ン♪(佐々木未来さん主演のTVアニメ「しばいぬ子さん」風ですね!)


【ライター:清水サーシャ】


【関連記事リンク】
【アニメ】「じょしらく」第14話「たいみんぐずれじんぼちょうはこうだんしゃなのでしゅうちゅうしてほわほわ」(ネタばれ注意)
▼外部リンク

「のんのんびより」TVアニメ公式Webサイト
「のんのんびより」AT-X公式Webサイト