2027年、東京〜名古屋間にリニア中央新幹線が開通、品川駅から名古屋駅までを最速40分で結ぶ。ほぼ一直線になるようにルートが敷かれているため、全ルートの86%の区間が地下やトンネルの中になり、2000〜3000メートル級の山々が連なる南アルプスを貫通するトンネルを掘らなければならない。

 運行区間のほとんどがこうして作られるトンネルだというが、一方で気になるのが時速500キロの車内から見える風景。しかし、高速走行による騒音対策から、地上を走行する際にもトンネル状の防音防災フードの中での走行が検討され、外を走るのは川の上を渡るときやほとんど人が住んでいないようなごく一部の区間に限られそうだという。

 だが、ガッカリするのはまだ早い。防音防災フードに窓を作るという案もある。そうすると、高速なので外の景色が『パラパラ漫画』のように見えることになる。

 また、これからの技術の進歩によって、2027年にはこうした問題が意外な形で解決することも考えられる。デジタルメディア評論家の麻倉怜士氏が語る。

「すでにルフトハンザ航空では、地上の景色が雲に覆われて見えない時でも、地上の景色をCG化して機内のディスプレイに流しています。同じように、リニア新幹線でも、窓をディスプレイとして利用することは将来的に可能になるはず。さらにはトンネル内では遮光化して映像などを流し、外に出た時には透明の本来の窓にするような技術も、2027年までには確実に実現しているはずです」

 14年後の技術があれば、トンネル内にいながらにして南アルプスの絶景を楽しむことも可能になるかもしれない。

※週刊ポスト2013年10月18日号