9月30日から10月6日まで、ベルギーのアントワープで開催された世界体操選手権。王者・内村航平は史上初の個人総合4連覇を達成した。彼の"世界一美しい体操"は常に高い評価を受けるものだが、この大会でもうひとつ注目を集めたのは、日本体操界の若い力だった。

 その筆頭が高校2年生、17歳の白井健三だ。

 白井の活躍は大会前から期待されていた。世界選手権代表最終選考会だった6月29、30日の全日本種目別選手権の床運動では、大会1週間前にぎっくり腰になって痛み止めを飲んでの出場ながら、決勝では最後にF難度の後方伸身宙返り4回捻りを入れるなど、Dスコア(演技価値点)7.3点の構成で15.900点を出し、初の世界選手権代表を決めていたからだ。

 この得点はロンドン五輪種目別優勝の鄒凱(ゾウ・カイ/中国)の得点に0.033点及ばないだけで、銀メダルの内村の得点を0.100点上回るもの。種目別で世界選手権と五輪を通じての日本史上最年少金メダルリストになることを期待されていたことに加え、跳馬の伸身ユルチェンコ3回捻りとともに後方伸身宙返り4回捻りを世界選手権で成功させれば、その技に"シライ"を命名されるという話題もあったのだ。

 両親がコーチをするクラブで3歳から体操を始め、小さな頃からトランポリンで捻りや回転を楽しんでいた白井。「これまで緊張したことがない」というほどの度胸の良さで、初の世界選手権代表が掛かった大事な場面でも高難度の技をアッサリとこなしてしまった。

 そして内村が「ひねり過ぎて気持ち悪い」とまで言う捻りの鋭さは世界選手権の大舞台でも存分に発揮された。

 まずは跳馬の1回目で伸身ユルチェンコ3回捻りに挑戦し、ほぼ完璧な演技で出来ばえを示すEスコアも9.400点をもらった。種目別に進出するために必要な2回目の演技は失敗して2回を平均した得点は14.916点になったが、6位で種目別決勝進出を果たした。命名は同じ技を成功させた金煕勲(韓国)と連名の「シライ/キムヒフン」になったが、本人は「名前より跳躍を評価してもらえ、Eスコアが高かったのに手応えがある」と喜んだ。

 そして得意の床運動でも、最後に後方伸身宙返り4回捻りをピタリと決めて16.233点を獲得し、1位で種目別決勝進出を決めたのだ。もちろんその技にも「シライ」という名前が付いたが、その得点はロンドン五輪種目別優勝の鄒の得点を0.3点も上回るもの。それでも「そのくらいの点かなと思っていたが、今日の自己採点は80点。100点の演技は決勝にとっておきます」と、強心臓ぶりを示すコメントも口にしていた。

 その5日後の種目別決勝の初日、床運動の最終演技者となった白井は最後の後方伸身宙返り4回ひねりをピタリと決めると、両拳を強く握りしめてガッツポーズ。予選の後で「僕は健三よりDスコアが1点も低いのでかないませんよ。彼は床運動でメダルを獲るのが仕事。僕は個人総合です」と話していた内村はその瞬間、自分は2位につけていたにも係わらず、満面の笑みを浮かべながら両手を大きく叩いて祝福する。そしてその時点で15.600点で1位に立っていたダルトン(アメリカ)は、呆れたような表情で天を仰いだ。

 白井の得点は片足を一歩踏み出してしまった着地のミスが響いて16.000点だったが、文句のない優勝だった。

 床運動はここ数年、日本が不得意としていた種目であり、ロンドン五輪の代表選考会では団体戦をにらんで床運動を特殊種目とし、全日本選手権とNHK杯で好成績を残した加藤凌平を選考していた。

 そんな種目を得意とする白井の登場は、次のリオデジャネイロ五輪でも大きな戦力になるもの。さら2020年の東京五輪のときには年齢も23歳と、他の種目も克服していけば個人総合でも主力になる可能性があるのだ。

 一方、個人総合で王者・内村に続き、世界選手権は初出場となる20歳の加藤が2位になった意味も大きい。予選は3位通過でメダルを意識してしまう立場だったが、最初の床運動で全体トップの15.558点を出した内村より0.058点低いだけの15.500の高得点で滑り出したことで余裕を持てた。

 続くあん馬と吊り輪も14.6点台で抑え、跳馬では技の難度を下げて挑戦する冷静さもあった。そして平行棒と鉄棒では15点台を連発し、内村には1.958点差をつけられたが、3位のハンブッヘン(ドイツ)を抑えて日本勢のワンツーフィニッシュを実現したのだ。

 この2位で、王者・内村を追いかける1番手の存在になった加藤は「徐々に差を詰めて本当のライバルといえる存在になりたい」と話したが、リオデジャネイロ五輪では内村とともに2本柱になり、個人総合だけではなく悲願の団体金メダル獲得の大きな戦力になるはずだ。さらにその先の東京五輪では、内村に代わって日本のエースになっている可能性も大きい。

 その他には、内村が種目別平行棒で林超攀(リン・チャオパン/中国)と同点金メダルを獲得し、日本が床運動とともに苦手にしていたあん馬では世界選手権初出場で内村と同学年の亀山耕平が、予選8位通過ながら決勝では難度を上げて優勝を果たした。

 新生・白井の活躍や加藤の成長に加え、亀山の大金星。日本男子体操が今、勢いに乗ってきた。

折山淑美●文 text by Oriyama Toshimi