写真提供:マイナビニュース

写真拡大

JR東日本グループの鉄道会館が運営する、東京駅地下1階エキナカ商業施設「GRANSTA(グランスタ)」と、東京駅改札内1階ノースコート内のエキナカレストラン施設「GRANSTA DINING(グランスタ ダイニング)」および「セントラルストリート」で、限定のオードブルやクリスマスケーキなどを多数取り揃える「クリスマスフェア2013」が実施される。開催日は11月18日〜12月25日。

○限定スウィーツが集合

同フェアでは、グランスタ限定商品をはじめ、有名店のクリスマスケーキをラインナップしているとのこと。老舗洋スイーツ店、京橋千疋屋の「Xmas レア」(3,150円)は、濃厚なレアチーズケーキをベースに、表面にブルーベリーのソースを流し込み、新鮮なフルーツをデコレーション。10月15日から予約を受け付け、12月22日〜25日に販売される。

ほかにも、世田谷の洋菓子店、Terra Saisonから「苺のホワイトクリスマス」(2,625円)、チーズケーキ専門店、FORMA(フォルマ)から「ノエル・フルール」(2,940円)などを販売。いずれもGRANSTA限定となる。

ケーキ以外にも、明治10年創業の老舗和菓子店「三原堂本店」から、「サンタクロース」、夜空の星を表現した「そぼろ」、求肥を使用した「ジングルベル」の3個をセットにした「クリスマス上生」(3個入・1,000円)、鳥料理の専門店「鳥麻」の「フランス産ミニターキー」(6,000円)、「加賀料理 金茶寮」の「クリスマスオードブル」(1,000円)など、クリスマス期間限定メニューも用意される。

なお、商品名・価格等が変更になる可能性があるとのこと。詳細はGRANSTA(グランスタ)公式ホームページにて確認できる。

(OFFICE-SANGA)